無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
31
2020/10/03

第1話

1
君と出会った日。

覚えてるわけがないよ。


物心ついてるわけないじゃないか。

お互いに、3歳だったから。

保育園、

小学校、

中学校、

そして高校生の現在。

「ずっと一緒にいてよ。」
「ずっと一緒にいるよ。」

あのときみたいに

言葉には

絶対にしないけれど。

そばにいるよ。
永遠なんてないて知っているから

君が離れるその日まで

ずっと一緒に


いるよ。