無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
16
2020/11/12

第12話

12
でも、まぁ、、、

敵城視察と、行くか。
北原 リンカ
どんな仕組みなのか、
知るべきよね。
3人のうちの
一番真面目そうで
同い年の子のプロフィールを
選んでクリックする。
MABOROSHI
初めまして。

今日から

よろしく。
その瞬間に、
即座に送られてきた
メッセージ。
北原 リンカ
はやっ。
気を使う必要はない。

思ったまま入力すると、
MABOROSHI
そっちこそ、
はやっ。
そして、
短っ。
北原 リンカ
(笑)。

ごめんなさい。

よろしくね。
MABOROSHI
よろしく。

メッセージ送るの早すぎて
驚かせてすいません。(笑)

あまりにも暇で、パソコンで
遊んでたもんで。
北原 リンカ
いえ。
こちらこそ、
失礼な短過ぎるメッセージ
すいません(笑)

とても感じの良い相手でよかった。

このサイト上で、

チャットのようにやりとりをするんだな。

ずっと流れているこの音楽はなんだろう。

心地よい音楽だけど
なんだか耳に残るなあ。