無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

15
2020/11/10

第9話

9
笹やんのおかげで、
わたしは、パスワードを手に入れた。

気持ちばかり焦って、
パスワードを打ち込むのを
2回も間違えてしまう。

画面に、

「パスワードを3回連続間違うと、
暫くの間、サイトにアクセス出来なくなります。」

の文字が表示される。


(落ち着かなきゃ。。。

深呼吸しようー。)

そして

気を取り直して

ゆっくりとパスワードを

確実に打ち込んでいく。


よしっっ。


開けた!!!

北原 リンカ
これなにっ
サイトにアクセスした瞬間、

画面が激しく点灯?
カメラのフラッシュが
何度も押されているように
目が痛い。

北原 リンカ
なん、、
何なの、、これ、、

画面を消そうとした
そのとき、

点滅は、終わり、

うってかわったように、

川のせせらぎの水の音のような癒し系な音が、

流れだした。
北原 リンカ
、、、、。
優しい淡いピンク色の画面に、

浮かんできた文字。


Yume or MABOROSHI


あなたは、

女の子?

それとも、

男の子?

それぞれの入口ボタンがある。

迷わず

女の子の入口ボタンをクリックする。

やっと。。。


これで、、、