無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

20
2020/10/05

第6話

6
家に急いで帰って、
パソコンを立ち上げる。

お父さんとお母さんも使う
家族共用のパソコンだけれど
この際、関係ない。
うちには、この1台しかないから
文句言ってられない。

「yume or MABOROSHI 」
に、
わたしも入会するー。


陸斗があんな風に夢中になるなんてー。

絶対に、何かおかしいよ。

何かあるに決まってる。
北原 リンカ
、、、。


なにこれ、、、???
ワード検索をかけたら
すぐにサイトは出てきたのに

TOP画面に書かれた文字に

わたしは

舌打ちしたくなった。
「紹介者から、教えてもらったパスワードを
入力してください。」
北原 リンカ
誰かからの
紹介がなきゃ、、

入れないんだー。
まさか、陸斗に頼むわけにもいかないから
わたしは、
周りでこのサイトをしていて、
更に紹介してくれそうな子を
探さなきゃいけなくなった。