無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第3話

二人のリーダー 2話
ぺいんと(?)
ぺいんと(?)
へぇ、これがあいつの体か。あんま変わんねぇな
クロノア
クロノア
え、ちょっどういうこと?
これは、ぺいんとじゃないのか...?
トラゾー
トラゾー
お前は誰なんだ?
ぺいんと(?)
ぺいんと(?)
ぺいんと、だよ?
死神
死神
嘘つかないで
ぺいんと(?)
ぺいんと(?)
俺は、俺はぺいんとだ。
クロノア
クロノア
と、とりあえず、様子を見ようか。
そして、キャンプは中止。家に帰ることにした。

車の中、ぺいんとらしき人はずっと無言で、不気味だった。

家に帰ると、直ぐにインターホンが鳴った。

トラゾー
トラゾー
はーい
らっだぁ
らっだぁ
ぺいんとが記憶喪失ってほんと?
トラゾー
トラゾー
え?らっだぁさん?何で?
らっだぁ
らっだぁ
死神さんから...
クロノア
クロノア
何やってんの死神君...
死神
死神
ら、らっだぁさんなら相談に乗ってくれるかなって思って...!
らっだぁ
らっだぁ
あ、あの~。ぺんちゃん?
ぺいんと(?)
ぺいんと(?)
ぺん、ちゃん?
らっだぁ
らっだぁ
あっ。う、ううん。ぺいんと。
らっだぁ
らっだぁ
あの、俺の事、覚えてる?
ぺいんと(?)
ぺいんと(?)
知らない。誰だ。
らっだぁ
らっだぁ
そっか。俺はらっだぁ。マイクラ青鬼とか、増え鬼の運営してるよ。
らっだぁ
らっだぁ
ぺいんととも、仲良かったんだよ?ぺんちゃんって呼ぶからね。
ぺいんと(?)
ぺいんと(?)
勝手にしろ。
死神
死神
え、普通に自己紹介
らっだぁ
らっだぁ
だって、今のぺいんとは皆の事知らないじゃん?
トラゾー
トラゾー
そっかぁ。俺はトラゾー!お前と同い年だぞ!
クロノア
クロノア
俺はクロノア。年上だけど、気にしないで
死神
死神
むぅ...僕は死神です。一応年下です。
ぺいんと(?)
ぺいんと(?)
はっ。何自己紹介なんて呑気にやってるんだよ。
トラゾー
トラゾー
え?
ダークぺいんと
ダークぺいんと
俺はダークぺいんと。ぺいんとの、裏の人格。
ダークぺいんと
ダークぺいんと
やっと表に出れたんだ。絶対に戻ったりなんてしない。
死神
死神
っえ...
ダークぺいんと
ダークぺいんと
一生遊ばせてもらう。あいつにこの体を返す気はない
らっだぁ
らっだぁ
いやぁ...困ったことになったなぁ...
あのぺいんとが帰ってこない...?

そんなの、耐えられない。

俺も、勿論死神君もトラゾーだって。
クロノア
クロノア
取り敢えず、ぺいんとの家に帰って。
ダークぺいんと
ダークぺいんと
あいつの家なんて知らない。
クロノア
クロノア
...送ってくから。皆は此処にいて
らっだぁ
らっだぁ
わかりました
死神
死神
......はい。
トラゾー
トラゾー
気を付けてね
家を出て、ダークぺいんとと一緒に、家に向かう。
クロノア
クロノア
何で、戻らないんだよ。
ダークぺいんと
ダークぺいんと
つまんないんだよ。心の中に居るだけなんてな。
無言のまま、家につく。
ダークぺいんと
ダークぺいんと
じゃあな
クロノア
クロノア
皆、ぺいんとが帰ってくるのを待ってるんだよ...
心で思ってることが、自然に言葉になってしまっていた
クロノア
クロノア
お前は、誰にも望まれていないここで、楽しいのか?
沈黙が流れる。
やがて、ダークぺいんとが振り返り、こう呟いた。
ダークぺいんと
ダークぺいんと
...あいつが、戻ってきたら、皆は喜ぶよな
ダークぺいんと
ダークぺいんと
でも、そうしたら俺はどうなるんだろう。
ダークぺいんと
ダークぺいんと
あいつが戻ってきたら、俺の意識は無くなる。
ダークぺいんと
ダークぺいんと
暗い隅で、座ってるだけだ。
クロノア
クロノア
.......
確かに、そう言うとこいつは、一人の人間って事になる
でも、そこを別人扱いしたら...
クロノア
クロノア
ぺいんと...
ダークぺいんと
ダークぺいんと
っ!もういい。じゃあな
バタンッ!と大きな音を立てて、ダークぺいんとは家に入った。
俺は、どうすれば良いんだよ...

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

ゆーと.yu-to🐈🍎
ゆーと.yu-to🐈🍎
ゆーと.yu-toです。 急でごめんなさい。 プリ小説辞めます。 シリーズ途中のあってごめんね。 QRコードは消します。 家族の皆ホントごめん。 ずっと、応援してる。 5年後に帰ってきます。 それまで...忘れないでね? 約束だよ。プリ小説、止めんなよ!(*≖н≖​) まだ言いたい事たーっくさんあるんだけどね? 時間...無いから...。 さようならは言わない。直させてもらうね。 ばいばい。また、ここで会おう。 p.sもう見てる人居らんかな...。 でも、一応書いておきます。 B.Loveの「Yu_ru.ユル」で、 友人の垢でたまに俺も投稿させてもらってます。 もし良ければ来てくれると嬉しいかな。 またみんなと会いたい。 また、みんなに小説読んでもらいたい。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る