無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

いきなりなんて
.









ジュン
ジュン
そ、うかもしれない‥





俯きながら小さく呟かれた言葉


自分への恋は勘違いだと


自分から言ったはずなのにそれを肯定されると


心に穴が空いたようだった


The 8
The 8
やっぱり‥ね‥
The 8
The 8
じゃあジュニヒョン、これからはちゃんといつも通りメンバーとして‥
.

そう、今まで通りに戻る

それを願ってたのに声が震えてる

なんで‥








ジュン
ジュン
‥でもっ!


話を遮るように大きな声で


バッと顔上げる
ジュン
ジュン
でも、そうかもしれないけどっ‥
顔を上げたジュニヒョンは


目元を赤く染めて涙目だった


こんな顔したヒョン見たことない
ジュン
ジュン
ハオと居るとぎゅーって心が苦しかったり‥、ふわふわって温かい気持ちになるのは好きと違うの‥?
ジュン
ジュン
僕を見てほしいって
他の人のとこ行かないでほしいって思っちゃうのもハオだけなのっ//

震える手で僕の手をぎゅっと握られる


大きな目に水の膜が張って


今にも溢れそうだ


それを僕は綺麗だと思ってしまった
The 8
The 8
‥っ//

そんなに必死に伝えられると


動揺を隠せない


本気で、僕を‥?ジュニヒョンが?

ジュン
ジュン
どうしたら信じてくれる?
The 8
The 8
え‥そ、れは
ジュン
ジュン
ねぇ、ハオ

名前を呼ばれて握っていた手を強く引かれる



そして







チュッ‥






柔らかいものが唇に触れた
The 8
The 8
は‥
The 8
The 8
え!?///


え?え!?キス‥しちゃった!?

ジュン
ジュン
本気ってわかってくれた?//

間近でジュニヒョンの綺麗な目が

僕の顔を覗き込んでくる
The 8
The 8
え、いやっ//なにしてっ
ジュン
ジュン
ん?まだ信じてくれない?もう一回‥
The 8
The 8
いや!いいです!わかりましたっ
ジュン
ジュン
ほんとっ!?

ぱぁっと顔を明るくするヒョン


でも僕はそれどころじゃない//




The 8
The 8
わかったんで!ちょっと失礼しますっ!
ジュン
ジュン
え!?


物凄い勢いでジュニヒョンを振り切って部屋を出た






廊下を走って自室に勢いよく入る











なんでいきなりキスなんかっ





何でこんなに僕の心臓はうるさいんだよ//



何でジュニヒョンからのキスが嫌だと感じないんだ



どうして



本気で僕のことを好きってわかって



安心してる自分がいるの‥??