無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第1話

「どうして生きてるの?」

確か君はそう言ったよね。

その時は答えられなかったけど、今なら答えられるよ。

わかったんだ。

別に生きたいわけじゃなかった。

何かしたいわけじゃなかった。

ただただ死ぬ勇気がなかったんだ。

「死ぬって何だろう」

「死ぬって怖いのかな」

「死んだら楽になれるのかな」

そんな事を言ったよね。

君が唯一の友達で、僕はそれが嬉しくて、

君が「何でも言っていいよ」って…

「相談してね」って…

「話聞くよ」って…

そう言ってくれて嬉しかったんだと思う。

でもその時は君の事信じてなかった。

全部全部うわべだけの嘘だって思ってた。

でも君はホントにただ聞いてくれてた。

だから信じられるようになった。

君には家の事も

学校の事も

親の事も

いっぱい、いっぱい言っちゃった

ダメだ…

止めなきゃ…

これ以上言っちゃいけないんだ…

言い聞かせてたはずなのに

僕の口からはどんどん言葉が溢れた。

そのせいで君は病んだんだよね。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

無能
無能
病んでます 叶うなら誰かに構ってほしいと思ったり… コメントとかでいろんな人と関わりたい… LINE交換しても大丈夫だよって人はそっちでも話したいです… crew 兼 すとぷりすなー です 嫌な人はごめんなさいです… うしさせ夏ツ8月20日と あまちゃんの城ホの7月31日 参戦します 行く人いるかな…?
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る