無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

212
2021/02/25

第9話

伏黒恵編6
ただ手を繋いで歩いている
もうすぐ恵の家だ
それよりさっきあの人たち恵さんって読んでたな…
後で聞いてみよう
さっきのこと許してくれるかな………
恵の家到着
ガチャ
恵がドアを開ける
私は何も言わずただただ手を引っ張られているだけ
恵の手が寝室のドアにかかる
ドアがあい……
ぼふっ
え?
伏黒恵
伏黒恵
……………
あなた
めっ恵?
抱きしめてるの?
伏黒恵
伏黒恵
ご……な
あなた
え?
伏黒恵
伏黒恵
ごめんな……
謝ってるの?
ごめんなんて私の方が言わないといけないのに…
あなた
恵……
伏黒恵
伏黒恵
なに?
恵が私の肩に顔を埋めたまま聞く
あなた
私の方こそ
あなた
ごっごめんね?
あれ?なんでだろう…
涙が出てきちゃった…
伏黒恵
伏黒恵
泣くなよ…
伏黒恵
伏黒恵
俺も泣いちまうだろ?
あなた
もう泣いてるじゃん…
伏黒恵
伏黒恵
フッ…
伏黒恵
伏黒恵
そーだな
あなた
ドキッ
その後私たちは2人して泣いた
1時間後
あなた
ねー恵
伏黒恵
伏黒恵
ん?
あなた
さっきの人達さ恵のこと恵さんって言ってたじゃん?
あなた
あれなんで?
伏黒恵
伏黒恵
あぁ
伏黒恵
伏黒恵
それはだな……