無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

255
2021/02/17

第5話

伏黒恵編2
あなた
えっ?
私はいきなり中へ引き込まれた
一瞬びっくりしたけどきっと恵だと思う……
いや!絶対恵だ!!だって恵の家だし
と思い上を見る
恵が抱きついていた
あなた
恵??
普段は恵からくることがないから私はとても驚いていた
あなた
どうしたの?どっか悪いの?
驚いてとっさに出た言葉がそれだった
あなた
ねぇ?恵?
恵は何も言わない…
すると
あなた
きゃっ!
突然私は中に浮いた
伏黒恵
伏黒恵
いらっしゃい。(*^^*)
あなた
…………
えっ?それお姫様抱っこした状態で言う!?
しかもニコッてなに!?可愛いじゃん
あなた
な、なんでお姫様抱っこしてるの?
伏黒恵
伏黒恵
なんでだろーね?
そう言うと恵は寝室へと足を向けた