第34話

💚
940
2023/10/08 14:53
⚠️ 学パロ、丈くんと謙杜くん兄弟設定

長尾side
俺のお兄ちゃんはバスケ部に入ってるんだけど、バスケしてる時の姿とか、後輩に接してる時の感じとかほんとに自慢できるくらいに優しいしかっこいいの!
長尾謙社
はぁ、今日の試合楽しみやなぁ
藤原丈一郎
えぇ、そんなに楽しみなん?笑
長尾謙社
だってお兄ちゃん絶対にかっこいいやんか!
藤原丈一郎
じゃあ、応援しててな笑
長尾謙社
はぁいっ!
ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°
当日、俺は3年生が引退して、2年生が主体となり、新体制になったお兄ちゃんのチームを観にいった。
西畑大吾
丈くんっ
藤原丈一郎
っ、
お兄ちゃんがレイアップを決めたりして、応援団や、俺は湧いていた。
監督「じゃあ、チームもいい感じやし、''大橋''そろそろ出てみろ。お前はまだ1年生なんやし、出来る限りのことしてこい」
大橋和也
はい



長尾謙社
っえ、
誰だろう、1年生かな
1年生なはずなのに、その人はものすごいオーラを放っていても惹き込まれる雰囲気だった。
長尾謙社
また入れた...
藤原丈一郎
大橋、ナイス!
他チーム「大橋!お前が次世代のエースだよっ!!」
大橋和也
ありがとうございます笑
長尾謙社
次世代の...
すると彼と目が合ってしまった。
長尾謙社
ゃばっ、
目を逸らした途端、身体からものすごい量の汗が吹き出してきて、顔もものすごく火照っている感覚だった。
長尾謙社
大橋くんって言うんや
ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°
藤原丈一郎
ただいま〜
長尾謙社
おかえり、お兄ちゃんっ!
藤原丈一郎
おぉ、謙杜、どした?
長尾謙社
大橋くんってどんな人?
藤原丈一郎
あぁ、和也のこと?
長尾謙社
か、かずや.....!
ええ名前やなって思った
長尾謙社
和也くんってどんな感じ!?
藤原丈一郎
うーん、良い奴かな
長尾謙社
性格いいんや
藤原丈一郎
おう、あとはバスケも上手いで
長尾謙社
へぇ、すごいなぁ
藤原丈一郎
なに、あいつのこと気になってるん?
長尾謙社
っあ、いや別に
藤原丈一郎
ふーん、そ
あっぶな、
それから、特に俺の恋愛事情に変化も進展もなく、11月の冬季大会が開催され、俺は和也くんに会えるかも、と淡い期待をもちあわせてお母さんと応援に駆けつけた。
長尾謙社
へぇ、和也くんってスタメンなんや
母「あんた、9番はスタメンじゃないんやで」
長尾謙社
ぁ、控え選手か
ルール勉強せなあかんな....笑
ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°
母「あぁ、惜しかったなぁ」
長尾謙社
.....んね
母「なぁ、謙杜どうしたん?なんか変やで」
長尾謙社
ぉれ、和也くんのこと好きになってもうた...///
ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°
藤原丈一郎
はぁ、!?
長尾謙社
えへへ、//
長尾謙社
だって目合ったんだもん、//
藤原丈一郎
それは、、恋か、笑
長尾謙社
だから!俺お兄ちゃんと同じ高校行く!
藤原丈一郎
まじか、スイッチの入り方変わってんなぁ、笑
長尾謙社
頑張るぞ....!!
ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°
そんなこんなでお兄ちゃんと同じ高校に入った。

いや、俺って結構すごない?
藤原丈一郎
謙杜、はよせぇや、部活遅れるで
長尾謙社
はぁい!
そして、バスケ部のマネージャーになった。
大橋和也
あ、謙杜おはよ!
長尾謙社
っぁ、!! 和也先輩っ!おはようございます!
こうして、だんだんと和也先輩との距離を近ずけて行っている。
ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°
大橋side
藤原先輩の弟の謙杜、たぶんだけど俺のことが好き。
初めて会った日、謙杜はずっとこっちを見ていて、俺が謙杜と目を合わせてみるとすぐに目を逸らされたっけ、笑
俺もそれで謙杜のことが気になって、少しずつだけど、距離感を詰めてみたりしている。
大橋和也
なぁ、謙杜
長尾謙社
っはい、!?
大橋和也
っふ、笑
長尾謙社
先輩、チャラすぎです!!//
大橋和也
そぉかな?俺誰にでもこんな感じだけどな笑
長尾謙社
チャラすぎるのは、嫌です…//
大橋和也
そぉかな、?
長尾謙社
そうです!!
大橋和也
ふふ、可愛いね笑
長尾謙社
からかうな! //
大橋和也
あ、ほら行こ
長尾謙社
ぇあ、待ってくださいよ!
ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°
長尾side
先輩は好きな人とかいるのかな。
俺に結構優しい気がするし、俺を見る目がなんかいい、というか、、
もしかして、俺の事....
長尾謙社
っばか、!自意識過剰も程々に...!




大橋和也
謙杜って好きな人とかいるん?
長尾謙社
え、まぁそりゃそれなりに、
大橋和也
ふーん、なんか最近冷たいよね
長尾謙社
そうですか っ ....!?!?
視界に広がったのは物品庫の灰色の天井と先輩。
大橋和也
俺、男だけど謙杜となら、そういうこと出来るで、?
長尾謙社
あ、ぇ
大橋和也
謙杜は?
長尾謙社
俺、は
長尾謙社
俺も、先輩となら、//
大橋和也
っふ、笑
長尾謙社
え、なんですか
大橋和也
いやぁ、初めて会った日のこと思い出してさ、笑
長尾謙社
古い思い出ですね....
大橋和也
あの時の謙杜顔真っ赤で可愛かったなぁ、笑
長尾謙社
もぉ、そんなこと良いですってば!! //
大橋和也
謙杜、俺と付き合ってくれますか?
長尾謙社
よろこんで、!
fin
何この終わり方笑
実は実話をモチーフに書いてみました✨👀🩷️
☆355 ♡1238 ありがとうございます🙇‍♀️🙇‍♀️

閲覧数もめちゃくちゃ増えてて嬉しい限りです…🙌💕

プリ小説オーディオドラマ