第6話

6
101
2018/03/03 12:20
13番曰く時間はかかったが謎をなんとか読み解いてその場所に行った。

だが妹さんは既に亡くなっていたらしい。

先生は早く来なかったから、だからだという。
1「だったら尚更!早く行かなきゃ…」

13「何日までに、とかって言われた??」

1「たしか…卒業前日まで、」

13「がん…ばって。謎解くの」

1「え、あ、あの…暗号一緒だったんだよね?なら、教えてもらえない?」

13「…ごめんッ」

そう言って13番は逃げていった。

1「なんで…」

??「1番さん?」

1「うわ!!!!!」

先生「駄目なんですよ。答えをほかの人に求めちゃあ。」

1「先生。ほんとに分からないんです、ヒントだけでも。」

先生「ペナルティーを与えますけど??」

1「どんなことでも受けて立ちます!」

その時は、思いもしなかった。

この言葉が2番を苦しめるなんて___



先生「ならいいですよ。」

先生はアルファベットを数字に、数字をひらがなに、ひらがなを言葉に直せば分かる、と。


卒業まであと5日

3月13日

プリ小説オーディオドラマ