無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

🌚
()















🐣side



やっと僕の番だ~!
最初僕はヌナの事全然信頼できなくて
逆に凄い嫌だったけど、、、

ヌナが、みんなで目指そって言ってくれた瞬間に僕はドクンってきたんだ///













自分らしくないけど僕、恋したのかも///
自分から恋に落ちるなんて
考えもしなかった、、















こうなったらヌナを僕の物にしてアゲル♥
今まで僕が失敗した事
1度もないんだよね(*`艸´)ニシシッ


三(つ・ω・)っゴー!!










🐣「ぬぅなっ!!」
🐣「ギュッ))」
ユン・あなた
))うぉ

ギュッってするとヌナは固まった
僕の腕にヌナはすっぽり入った


🐣「💭性格は強いけど体は小さいんだね、、やっぱり女なんだな、」
ユン・あなた
、、、


あれ?照れない、、
















ユン・あなた
なぁんだ甘えたいの?

🐣「え、、」
ユン・あなた
いいよ
ユン・あなた
ヨシヨシ


🐣「んぇ///」



平気で頭撫でてくる、、/

正直凄く嬉しいぃ///



















ユン・あなた
でも、ダンスレッスン
頑張らないとね

ヌナは僕を撫でる手を止める


🐣「💭そんな、、/」














ユン・あなた
ダンスレッスン頑張ったらもっと甘やかしてあげる♥


🐣「コクッ(。_。///)」

🐣「がんばるッ///」
ユン・あなた
ん、いい子








ヌナと一緒にいると流される///
ヌナを僕の物にする計画はまた
今度にしょっ///

🐣side end








next➠