無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第46話

🌚
()






















🐭「ごめんっ」
ユン・あなた
え、














俺はあんなに見てきたのに
あれだけ時間が、あったのに




























気づいてやれなかった
その間にヌナは1人で苦しんでいたのだろう























いつもヌナにお世話になってるのに
俺はヌナに何もしてやれなかった















ユン・あなた
ユンギ、、、?

🐭「今すぐ治そう」



ユン・あなた
えっ
🐭キュッ






今度は右手を弱く握った
















本当にごめんヌナ....









next➠