無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

🌚
()

















🐰 side





トコトコ))





~練習室前~


🚪))ガチャッ
🐰「おはようござい、、、」








え、、、






ユン・あなた
あ、おはよ
🐹ギュウウウッ))
ユン・あなた
ジン?グク来たけど?
🐹「んぅっ))」
   グリグリッ))
ユン・あなた
ちょっ、、首くすぐったいっ












待て待て待て:( ;ᾥ; ):
何でジンヒョンがヌナに抱き着いてんのっ!!



2人とも座っててジンヒョンが後ろからヌナのお腹をギュッってしてるんですけど💢

説明ありがとう← by作者
しかもヌナの美しい首に顔埋めてる、、、















はぁぁぁぁぁ⤴⤴💢←











🐰「ジンヒョン何してるんですか💢」



🐹「甘えてる、、/」
ユン・あなた
ハハッw
🐰「って!ヌナも否定しないんですか!?😨」
ユン・あなた
ん~グクも、甘えたいの?
🐰「そ、そんなつもりじゃっ///」





ユン・あなた
いいよ、こっちおいで







ヌナ正気ですか!?





でも、
ヌナが膝トントンしながらこっちおいでとか
言うから、、/




うん、ちょ~っとだけ....

ほんとにちょ~~~っとだけだよ...












    n n 
トコトコ))…(((  '-' )
        ボフッ
ユン・あなた
んふふっ
ユン・あなた
結局来るんだねw
🐰「//////」




これ結構恥ずかしいっ//////











ユン・あなた
みんな甘えたさんっw









next➠