無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第56話

🌚
()





















でも、今日こそはヌナを落としてみせる!!
僕最高な作戦作っちゃったんだ❤



















ヌナに甘えてその後他のヨジャマネに甘える略して嫉妬作戦( • ̀ω•́  )✧

















ハッハッハ‐!!(,,º∀º,,*)
僕って悪い子🖤←




































よし(๑•̀ㅂ•́)و✧
早速実戦スタート!!




















🐣トコトコ
🐣「ぬなぁ~~」
ユン・あなた
ん?
🐣ギュッ))















最初はバッグハグ!
甘えると言ったらバッグハグでしょ‼














ユン・あなた
今は忙しいから待ってて
うん( '-')
こうなるのは分かっていた







だって今ヌナお仕事中で僕達は休憩中














そこで練習室をメンバー達にバレないようにこっそり抜けて作業室まで来た
















まっ、一応説明☆←















ユン・あなた
ジミン退いて
ユン・あなた
仕事できない






グハッ!!( ゚∀゚)・∵.
ヌナは相変わらず塩で厳しい...

















🐣「もう、いいもんっ💢」





🐣トコトコ
🐣「ミンヌナ」
🐣「聞いてよ~!!」
40代ヨジャマネ
40代ヨジャマネ
はい


ミンヌナは僕の雑談を何でも聞いてくれる
最近は、ミンヌナにあなたヌナを落とすにはどうすればいいか相談してる







言うなれば僕のヌナを落とす作戦で
唯一頼れるヨジャマネだ



























🐣「あなたヌナが全然構ってくれなぁい!!」
ヌナに聞こえるように声のボリュームを
上げて言った







40代ヨジャマネ
40代ヨジャマネ
そうですか、













🐣「もうあなたヌナ何て知らないっ」
🐣「ミンヌナに甘えるもん( *¯ ^¯*)フンッ」

























next➠