無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第63話

🌚
()
















🐨side
















カツン カツン カツン👡👡


















長い廊下で、響くのは僕とヌナの足音だけ













外はもう真っ暗で
かなり冷える















ユン・あなた
.....
🐨.......

































凄く気まずいっっっ(;´∀`)←













何でヌナ無言なの!?





ど、どうしよ何か面白い話ないかな??
(•́ω•̀;≡;•́ω•̀)オドオド

















   ピタッ
ユン・あなた
んっ....
🐨?



















ヌナは突然歩く足を止めた

どうしたんだろ?




🐨「ぬな??」














ユン・あなた
ドサッ((
🐨「あ、危ないっ((」


ヌナが僕の方に寄りかかったから
ギリギリで受け止めた











はいっ!?!?!?Σ(//̀ㅁ/́/)





ぬ、ぬなぁ”ぁ”ぁ”ぁ"!?!?!?//////
ど、ど、ど、どういう状況!?///




てか、めちゃくちゃ良い匂i((















ユン・あなた
ん~っ
🐨「ぬ、ぬなっ??///」←顔真っ赤











ユン・あなた
💤💤((寝息
🐨「え。。。。」








すぅーーーーーーっ....


































よしお持ち帰りだぁっ⤴⤴✊🏻( ゚∀゚)←

















キャラ崩壊だぁっ⤴⤴✊🏻( ゚∀゚)by作者












next➠
















あっ新作出ましたよん♪
めっちゃ早く書けたよん♪
夜ふかししたのん♪(* ´³З³`)
見てねん♪
見てくれないと
カプ泣いちゃうん♪💧
見てねん♪ねん♪ねん♪ねn((殴


はいっ...見てくださいっ🙇🏻‍♀🙇🏻‍♀🙇🏻‍♀🙇🏻‍♀