無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第51話

🌚
()

































あの日、
ユンギに全てを明かした日から




私をイジメてたヨジャマネは退職させられた
































🐭「大丈夫だよ」



































ユンギが、あの時そう言った
私にとって勿体無いくらい
暖かい言葉だ
人に頼ったのは初めての事で









それと同時に人に頼っても良いんだなって、初めて思った




























🐰「ぬなっ!!大丈夫💦」

🐯「え!?ヌナがイジメられてるっ!?」

🐣「イジメたヤツ許さない💢」

🐨「ぬな!言ってくださいよっ!!」

🦄「じゃ、その頭の傷も...!?」

🐹「そんなっ僕全然気づけなかった...」




























メンバー「ヌナごめんっ、、」















メンバーは、全員口を揃えて
謝った

















正直驚いた
メンバー達は面倒くさそうにするどころか、心配までしてくれる


















本当に優しくて暖かい












どこまでも、正直な暖かさ”




























この暖かさが大好きだ"






ユン・あなた
みんな、、、
メンバー「??」



































ユン・あなた
大好きだよ








🐹「うひょっ///」←
🐭「//////」
🦄「あぁ~もうっ///」
🐨「💭ヌナは人たらし!?///」
🐣「あ、、い、、う、、えっ///」←
🐯「僕も大好きぃぃぃぃぃっ💗」
🐰「💭両思い!?///」














🐰「ヌナっ付き合おう( • ̀ω•́  )」←
メンバー「ダメっ💢」























ユン・あなた
プハッw



















🐯&🐣「ヌナが笑った‼‼」
🦄「えっ!マジ!?」
🐨「笑ってましたねっ!」
🐹「(゚ー゚)(。_。)ウンウン!!!」
🐭「💭やっぱりヌナの笑顔は、綺麗....///」


















🐰「えっヌナ返事はっ!?( இдஇ)」







ユン・あなた
ハハッw
ユン・あなた
年下は無理かなw
メンバー「え、、」











その日はメンバー全員
テンション超超超超超低かったのです😅







next➠