無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

🌚
()




















ユン・あなた
え、
メーンバー達「あ、」
パンPD
パンPD
はぁ((呆れため息






私の目の前に広がっていた光景は



なんか、肩幅広い人がよく分からないけど鏡の前でひたすらキメポーズしてて、
馬みたいな人がめっちゃ元気に歌っててその隣で凄い真顔の人が一緒に歌ってたし
エクボが魅力の人はとにかく笑顔で←
モチモチしてる人はビジュアルがヤバイ、トラみたいな人とにらめっこしてるし
うさぎみたいな人は口にいっぱい
バナナキックもぐもぐしながら
詰めてるし、、、
()

















ユン・あなた
何これ。





??「あ、さっき出会った人ですね!!」
「待ってましたよ」





エクボが魅力の人が、話しかけてきた
ユン・あなた
えっと、、




🐨「僕はBTSのリーダのキム・ナムジュン
   って言います!」
ユン・あなた
なるほど、、
🐨「皆も自己紹介して!!」



メンバー達「2.3!ばんったん!
  アニョハセヨ〜!방탄소년단イムニダ~」
さっきまでダラダラしてたのが嘘みたいに
メンバー達が挨拶してきた

🐹「僕はワールドインハンサムの
       キム・ソク・ジン!!」
「惚れてもいいんだよ~キャッキャッキャッ(°∀°)」
え、、窓拭いてるね、、偉いよ、うん。←



🐭「、、ミン・ユンギ」
わ、これあれだ。
めっちゃ塩だ←

🦄「ヤッホー!!僕チョン・ホソク~
   よろしくぅ~✨」
溢れ出る陽キャオーラー←
🐣「チェ~もうすぐで、テヒョンとの
にらめっこに勝つところだったのに~」
🐨「自己紹介して!」
さすがリーダー
🐣「僕はパク・ジミンだよ!!有名だから知ってるよねっ!!」
ユン・あなた
え、あ、はい( '-')
🐯「僕はキム・テヒョン!人間の男で年齢は、、えっと、そうそう24だった!」


え、あなたどこの次元にいるの((


🐰「もぐもぐっ、、ゴックン」
あ、バナナキックちゃんと飲み込んでから話すのね。この子も偉い←
🐰「えっと、、僕はチョン・ジョングクって言うんだ。で、君は?」
oh~タメ口、、私一応年上なんですが、、
年上に見えないのっ!!
ユン・あなた
はぁ((
ユン・あなた
あなた達成人済みって聞いてますなのに何ですか、コレ
メンバー達「え、」





next➠