無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

🌚
()




















一通り終わったな




さて、次は、、
社長室で言われた事を思い出す











ユン・あなた
ダンスのレッスン、、、
()













ユン・あなた
さてと、みんなダンスの
レッスンするよ



🐣「え~もうちょっと遊ぼうよ」
🐣「まだ、にらめっこの途中なのに!!」
















ユン・あなた
ふ~ん、、じゃにらめっこを充分にすればいいって事?
🐣「え、まぁ、、」



本当に子供っぽいな~



ま、いいや私が相手してあげる

































ユン・あなた
はい、こっち来て~グイッ
🐣「わ、ちょっ))」
🐨「あなたさんっ!?」
🐭「💭何やってんだ、、」
🐰「💭えっ、、まさか!!」

















ユン・あなた
ジーッ
🐣「💭何!?急に顔近づけないでよっ///」














🐣「心臓うるさいんだけど、、/」





















ユン・あなた
ジーッ













🐣「💭ヤバイって///」









🐯「💭ジミナが羨ましいっ( ´;ω;` )」
🐹「💭だ、大胆((( ◦ㅿ◦;)))」
🦄「💭WÖöw!!」
🐭「💭、、、まじか」
🐰「💭やっぱり、、」
🐨「💭あれ、、何これモヤモヤする、、」
🐨「💭離れてほしぃっ」













ユン・あなた
ジーッ
🐣「っ///あぁもう、ムリです!!///」











ユン・あなた
あれ?まだいけるでしょ))グッ
🐣「ちょっ//))」





ユン・あなた
ジーッ
🐣「無理だってば!!///」
🐣「ダンスのレッスンしますからっ///」
ユン・あなた
よしっオッケー
🐣「はぁ、//」
🐣「💭やっと離してくれたっ///」





next➠