無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

🌚





()

















ユン・あなた
ついに明日だ



電話で私は決意してBTSのマネジャーを
する事にした。
準備も、完了した
いったい、どんなメンバーがいるのか、、
ユン・あなた
とりあえず寝よ



その日は色々考えて頭が疲れたのか
ぐっすり眠れた























「君は愛想と言うにも分からないのか!!」












「取り柄もない」













「まぁ、捨て子だなんてかわいそうに」








「お前なんて必要ないっ!」





























             「本当に冷たい人"」







ユン・あなた
ちがっ!!ガバッ((
ユン・あなた
、、、、










夢か、、



















そんなの関係ない

今日から新しい人生のスタートだ


時計を見ると約束の時間まで後15分だった
ユン・あなた
もうこんな時間!!
ユン・あなた
急げ


それっぽい服に着替え

メイクはほぼすっぴんで行った
別に男からのそう言う視線はいらない
()















男に呆れたから
そこからダッシュでBIGHITの事務所へ
向かった









next➠