無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

🌚
()
















メンバー達「💭え、口調厳しくない!?」
ユン・あなた
そもそも、あなた達初対面の人には、礼儀正しくないと行けないんですよ
ユン・あなた
後、急にタメ口で話さない
相手が年上だったら
どうするわけ?
ユン・あなた
あ、リーダーさんはまともでしたよっ(*^^)
🐨「っ///」
🐨「💭さっきまでの怖い顔から笑顔で笑いかけてきたんだけど、、/」
🐨「💭笑顔は凄い可愛んだ//」
















🐭「アンタ年下だろ、、」
ユン・あなた
は?
ユン・あなた
29ですけどっ
メンバー達「💭え!?年上!?」
















🐯「じゃぁヌナって事!?」
ユン・あなた
うん、そう。
🐯「💭え、待って超可愛い///」
🐯「タイプにドストライク
     なんだけどっ///」
ユン・あなた
だから、
ユン・あなた
私には敬語ね☺ニコオ


メンバー達「💭怖っ!!」
















🐣「ねえ!社長!新しいマネジャーがヌナって聞いてないんだけどっ!!」
🐣「今までは僕達の事何でも聞いてくれる
チョロイマネだったのに何、この人!!」
🐣「凄い命令してくる💢」









ユン・あなた
💭まじか
🦄「ちょっ!!ジミンっ」
🐭「本音言うなよ、、」
🐹「キャッキャッキャッ(°∀°)言っちゃったね~」
🐰「もぐもぐ、((バナナキック食べてます
パンPD
パンPD
これはお前たちの為だ





next➠