無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第45話

🌚
()















🏃🏃‍♀💨ビューン←










ヌナと作業室に、向かう



















次こそは、真実を聞こう














~in作業室~









🐭「着いた、、」
















ユン・あなた
ユンギ、悪いんだけど手離してくれない?


🐭(  ˙-˙  )え
↑結構傷ついた人














🐭「あ、ごめん」
🐭サッ









ヌナの左手を、握っていた手を離す


少しヌナの左手にかすれた




ユン・あなた
い゙っ、、
🐭 !?
🐭「ぬな!?」
ユン・あなた
っ、、何でもない


嘘だ...今確かに左手にかすれた瞬間
痛そうにしてた














普段から、ヌナを注意深く見てきたから
微かな反応も気づける

















ヌナは絶対隠してる
































もしかして、イジメられてる?
嫌な予感が頭をよぎった


























🐭「ヌナごめっ、、」
ユン・あなた
え?
🐭((グイッ
ユン・あなた
あ゙ぁぁっ
🐭「え、、、」














ヌナの左手の長袖をめくった...

























そこには真っ赤に腫れた痛々しい火傷が
左手全体に広がっていた















え、、、
頭の整理が追いつかなかった




















ヌナは誰に傷を付けられた?
いつの間にこんな傷ができた?
そもそも何で隠してたの?











ユン・あなた
っ、、、



























ヌナは下を向いたまま1言も喋らなかった
隠していたくらいなのだから
きっと話したくなかったのだろう









































🐭「ごめんっ」
ユン・あなた
え、











沢山あった疑問より先に
ごめんのたった1言が口から出た














next➠