無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

🌚
()



















🐯「それで、ヌナのフルネームは!!」



さっきからテヒョンがしつこいんだけど、



それと、近い。
ビジュアルやばい顔面めっちゃ近づけてくる
ユン・あなた
敬語忘れてない☺
🐯「え、えっとぉ💦」
🐯「ぬ、ヌナの名前なんって
言うんですか??」
ユン・あなた
敬語まだ慣れてないんだねぇ
🐯「あ、ごめんっ、、じゃなくて💦」
ユン・あなた
いいよ、私の名前はユン・あなた
🐨「綺麗な名前ですねっ///」


🐰「ヌナ本当に29なんですか?」
ユン・あなた
29だよ
🐭「てか、マネジャーとしての実力は
ある、、、、んですか?」



あれ、、ユンギちゃんと敬語で
話してくれるんだぁ 予想外。











パンPD
パンPD
あなたは、実力あるぞ


メンバー達「!?」














パンPD
パンPD
ダンスはもちろん歌声も
マネジャーには、もったいないくらい綺麗だ
パンPD
パンPD
アイドルやってもおかしくないくらいにな
ユン・あなた
社長言い過ぎですね














メンバー達「美人でおまけにダンスも歌も完璧って何者!?」
パンPD
パンPD
だからあなたには、BTSをよろしく頼みたい
ユン・あなた
はい。そんなの分かってます
パンPD
パンPD
じゃ、わたしはべつの用事が
あるのでこれで失礼するよ
ユン・あなた
はい
メンバー達「はい!!」





next➠