無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第40話

🌚
()


















🐭side













~ダンスレッスン~
ユン・あなた
1、2、3、4、5、6
ユン・あなた
7、8
メンバー達「っ、、はぁっ、、はぁ」







ユン・あなた
ん、もういいかな
ユン・あなた
休憩取ろうか
メンバー達「はいっ」










休憩の間に聞こう。
ヌナは何か隠してる...












🐭「ね、ヌナ、、」
ユン・あなた
ん?
🐭「その傷階段で転んだんじゃないでしょ」



俺はそう言った、




























ヌナは、表情1つも変えずに
ユン・あなた
ん?何で
ユン・あなた
階段で転んだけど...


あまりにも自然すぎる回答が返ってきた
図星なら、もっと動揺する




やっぱ、俺の考え過ぎか...
ユン・あなた
それより、
🐭「ん?」
ユン・あなた
今日は表情柔らかいじゃん
ユン・あなた
よくできました*^^*
🐭「っ!?///」







不意打ちの笑顔はやばいって///










あぁ~もうっ///











ヌナの隣にいたら頭回んない///































ユン・あなた
💭ごめんねユンギ....
ユン・あなた
💭嘘ついて..
ユン・あなた
💭ユンギが、離れたら嫌だよ
ユン・あなた
💭だから...
ユン・あなた
💭黙っとくよ....








next➠