無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第10話

6日目~最後の日…?①~
私は、いろはのツイートを見てから2時間くらい寝ちゃったらしい…
みいな
みいな
あと…1時間かぁー、
みいな
みいな
本当はあと2日間分出来るけど、バレる前に終わらせなきゃ…ね、
んー、でもどうやったら…

あ、このゲームをスマホから消しちゃえば、

いろはの人生も終わりになるのかな!?

でもそんな単純じゃない気がする…

あずさに聞いてみるか、
                           ~LINE~
みいな
みいな
あーずーさー
あずさ
あずさ
どしたー?
みいな
みいな
あの、ゲームの話なんだけど…
あずさ
あずさ
あー、あれね、あと2日で終わりじゃない??
みいな
みいな
そーなんだよね、でさ、終わらせるにはどーしたらいいのかなって
あずさ
あずさ
そんなのアンインストールすればいいじゃん?
みいな
みいな
違う!いろはを終わらせるの…
あずさ
あずさ
え…?まずくない?私だってやり方分かんないし、みいなにも…
みいな
みいな
いいから!今までのが全部私だってバレる前に終わらせなきゃ私が今度は復習されるの!!
あずさ
あずさ
知らないよ!自分でいろはにしてきたんでしょ!このゲームの本当の怖さも知らないくせに!
みいな
みいな
本当の怖さ??
あずさ
あずさ
いや、なんでもない…
みいな
みいな
もういいよ、自分で調べる
あずさ
あずさ
気をつけてね…
もう、ほんとになんなの?

何が本当の怖さよ、進めてきたのは誰?

あずさでしょ??

なんであずさが私に危ないもの進めるの?

違う、あれはいくら嫌いでも殺しちゃだめって

私を脅すために使っただけ。

だから大丈夫。もう、今日で終わらせるから。
みいな
みいな
えーっと、[友達LIFE 都市伝説 22:10]っと
みいな
みいな
あれ、結構出てくる
みいな
みいな
みんなやってるじゃん!ww
みいな
みいな
あ、これいいかも
私は中学2年生です。

特に部活もやってなく、暇な毎日を過ごしていました。

そこで、友達LIFEというアプリを友達から勧められて、

面白そうだなぁ、と思いインストールしました。

そこで、友達に都市伝説があるんだよと聞き、

それは、キャラクターを誰かにそっくりにさせ、

22:10~22:11の間でゲームの中で起こったことが

実際に現実でも起こるということです。

都市伝説とかは全く信じてなかったけど、

でも、試し外があると思い、キャラクターを

自分そっくりにさせ、まず手始めに、

私の理想の家を建てました。

すると、次の日、お母さんから、引っ越すことが決まったの。

と言われ、私はビックリして、家の設計図を見ると

私の理想の部屋など、外見も全く同じですごく驚きました。

学校も転校しないと言われて、そろそろ引っ越したい気分だった。

と言われたのを覚えてますww

でも、そんな幸せはすぐに終わってしまいました。

私は生徒会に入っていて、書記をしていたんですが、

学校に残ることが多く、ゲームをする時間が少なく、

5日目くらいにはゲームをとうとうやらなくなりました。

すると、何故かいきなりお腹が痛くなり、

一気にやつれていき、家が火事になってしまいました。

わたしは、これはきっと、22:10に勝手に起こった

呪いだな。と思いました。

放置したから。

もしこのゲームで友達に復習をしている人、

絶対その復習は返ってくる。

そういうゲームだから。

みいな
みいな
っ…
まるで私に向けられたかのような不自然な最後の文。

でももう後戻りはできない。

私はいろはを消すことが目的。

余計なことは考えないようにしよう。
作者
作者
いきなりすみません!💧
作者の🍼ミルクケーキ🍰です!!
思ったより6日目が長くなってしまいましたが、
飽きずにもう少し楽しんでください😅
次で6日目が終わると思います!
では、次の話も気長に待っててください😇