無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

1









×月×日______


























ほら 、 大人しくしろよ 
あなた

んッ…剛やめて……





両手を掴んだ後 首筋に顔を埋める










あなたが昨日 、 岡田と居る所見たんだよ
あなた

そ、それはッ…んっ痛ッ









舌を這わせ忍び寄る彼の欲

ピリッと痛みを感じる首筋











俺のもんっていう印
あなた

嫉妬 .. ?

別の男に逢いに行くあなたが悪いだろ
あなた

准くんを好きになったりしないから…

あなた

剛だけだよ

…あなたの言葉を信じるけど
絶対だよ
あなた

うん 、 絶対
























初めてみた


剛が嫉妬する所


強がってキスマを降らすのは前から変わってないけどね







私だって言いたいよ .
見ちゃったの…剛のトーク履歴
知らない女の子とのトーク画面が___















…ねぇ、昨日誰と何処に居たの?