無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

1
桜が散る季節。



耳の痛くなるような音に起こされ、


まだ不慣れな制服に袖を通し、


母さんが作ってくれたトーストを頬張る。










そら
いってきまーす













家と学校はそれほど遠くない。




そんな学校までの道、嫌いじゃない。






見上げると桃色の花びらがひらひらと降ってきた。





あ、もうすぐあいつら来るかな。





そう思っていたら、



















女1
そらくーん♡




ほら、やっぱり来た。




そら
おはよっ。今日も可愛いな。
女1
きゃー!!
女1
そらくんもかっこいいよ♡
そら
ありがとっニコッ
女1
きゃー!!!!!!
女2
あ!そらくんきた!
女3
今日もかっこいい♡
女4
そらくーん!
そら
おはよニコッ
女5
きゃー!!!
女4
私もう死ねる、




























































































俺の落とせない女なんかいるわけないっしょ。