無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

手紙①
今も振り向けば
あなた

(*^^*)

そこに笑う君が居るようで


分かってる…


そんな事ないよね…


あれからだいぶ経ったね


思い出すんだ


クソガキだった頃の俺を


いつも喧嘩ばっかしてたよね


そんな俺を変えてくれた君は


俺に教えてくれたんだ


頑張る意味を


君と出会えた日々を


いつも昨日のことのように


とても鮮明に


君のいる空に想うんだ
銀ちゃん
銀ちゃん
どこ行きたい?
あなた

温泉!

2人で行ったあの場所も
銀ちゃん
銀ちゃん
めっちゃ気持ちいね
あなた

ちょうどいい温度だしね

2人で入ったあの風呂も
銀ちゃん
銀ちゃん
これバカ美味い
あなた

こっちも美味しい

2人で食ったあの飯も
銀ちゃん
銀ちゃん
俺らが紡ぐLife song
あなた

しっかり聞いときゃ大丈夫

2人で歌ったあの歌も


もう二度と出会うことはないって


全然実感湧かねぇけどな
銀ちゃん
銀ちゃん
また会おう
会えないのは分かってる…


だけど会えたらなっていう俺の願いんなんだ…