無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

-0-Tokyo ①
午前6時 俺は目覚めた


ドキドキや楽しみが混ざって昨日はろくに寝れてない


母ちゃんに別れと感謝を
社長
社長
じゃあな
今まであんがと
それだけ伝え


振り返らず実家を飛び出た


家にタバコ忘れたが


まぁいっか
社長
社長
( ・3・;)~♪
鼻歌歌いながら急行に乗り込み


空港に着いたぜ
ふぉい君
ふぉい君
いつか自慢話聞かせてやるよ
と見送りの友に言った


背を向け飛行機に乗り込み


空へと飛び立った
小さくなっていく地元の街が見え


俺はそれを窓から見下ろした


気が付けば東京が見えていた


余計な物持たず


必要な物だけを詰めた鞄1つだけ持ち


この街に来た