無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

#1






高校。






















それは青春。
















皆恋して、


















皆で笑いあって、


















楽しいスクールライフを…
















髙橋 あなた
って違うじゃねぇかぁぁぁぁぁぁ!!!!


ここ美聖心びせいしん学園は共学にも関わらず、













中等部から校舎が男子と女子で分かれてる!
















青春の欠片もねぇ!!!

















髙橋 あなた
私はアオハルというのをどうやればいいの…。
石川 悠亜
何回言ってんの笑
髙橋 あなた
あ、悠亜





この子は私の親友。
(私いつもこのポジだったな…By作者)









あ、作者の言うことは気にしないで?
作者可哀想だね、うん。






髙橋 あなた
アオハルって知ってる?青い春と書いてアオハルなんだよ…
石川 悠亜
いや、知ってるけど笑
大丈夫?
髙橋 あなた
ううん、全く
石川 悠亜
そんなあなたさんに朗報
髙橋 あなた
ん?何
石川 悠亜
この学校
髙橋 あなた
うん
石川 悠亜
マジの共学になります
髙橋 あなた
え、共学もどきじゃなくて?
石川 悠亜
マジのやつです
髙橋 あなた
マジ!?
石川 悠亜
マジです
髙橋 あなた
マジか
石川 悠亜
マジです
髙橋 あなた
マジなのか
石川 悠亜
マジです



マジで会話成立してるね。










ゴトゥー戦法。







髙橋 あなた
てか何で知ってるの
石川 悠亜
あれ言わんかった?
うちのじいちゃんここの理事長だって
髙橋 あなた
は、聞いとらん
石川 悠亜
昨日生徒会が「おかしい」って言ったらしく、じいちゃんも「あ、確かに。」って
髙橋 あなた
そんなあっさり決まるの
てか決まったの昨日なんだ
石川 悠亜
うん昨日。
来週にはクラス混ぜるらしいよ
髙橋 あなた
そんな簡単なものなの…笑
石川 悠亜
でも急いでやるからくじ引きだって笑
髙橋 あなた
適当すぎだろ
石川 悠亜
まぁ何とかしてくれるっしょ笑
髙橋 あなた
そうだね笑





てことで1週間待ちまーす…






































1週間後
美 少年
あの!!!
髙橋 あなた
え?あ、はい
美 少年
俺と付き合ってください!!!
髙橋 あなた
いや、お前ら誰だぁぁぁぁ!!!!





_______________________




♡&☆(」・ω・)」カモーン