無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

想い
あなたの想い
無惨の気持ちも分からなくはないだけど
私は無惨の妻で、ましてや上弦の零
守ってもらわなくても、私一人でも柱でさえも勝てる
でも、そーゆう1人で抱え込もうとするのが
いけないのかもね……
素直になるべきね
無惨の想い
あなたは正直強い
だから守らなくても大丈夫だって思っているだが
あなたのことになるとやはり心配に
なってしまう
もしあなたになにかあったらと思ってしまう
自分もいる
上弦の想い
あのお方も辛いだろうな
ホントならあなた様と一緒に戦えたらと思うが、我々に命令を下さないけないし、鬼のリーダーなのだから、むやみに街にいけないから
でも、あなた様の気持ちも分かる
あなた様はあのお方の次に強いお方だから
守られるだけじゃなく、守りたいという気持ちがあるんだろうな