無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

柱会議
お館様
お館様
久しぶりだね私の子供たち
しのぶ
しのぶ
御館様に置かれましても御健康でなりよりです
これからの御健康を刹那にお祈り申し上げます
お館様
お館様
ありがとう😊しのぶ
実弥
実弥
お館様、今日の柱会議の内容をお話願います
お館様
お館様
その内容は義勇が話してくれる
話してくれるかい?義勇
富岡
富岡
御意
お話というのは、先日街を見回りしていた所
上弦の参がおられました。
ですがそこに、上弦の零もいました
宇随
宇随
上弦の零なんか聞いたことがないぞ!
なにかの間違いでは無いのか?
富岡
富岡
いや、間違いない
左目に零の文字が刻まれていた
お館様
お館様
義勇の話だと十二鬼月には上弦の零が存在している
その上弦の零が誰なのか探る必要があるようだね
蜜璃
蜜璃
ですがお館様、上弦の零という事は鬼舞辻に一番近いものですよね?
お館様
お館様
そうだね蜜璃
だが私の子供たちは皆強いから大丈夫だよ
でも気をつけて探るんだよ
柱「御意」
柱のみ
煉獄
煉獄
上弦の零がいるなんて信じ難いな
無一郎
無一郎
でも富岡さんが見たら本当に居たのかも
悲鳴嶼
悲鳴嶼
そうだな
伊黒
伊黒
まぁ気をつけて探ろう
しのぶ
しのぶ
そうですね
実弥
実弥
上弦の零どれぐらいの強さなんだろうな
宇随
宇随
派手にやってやろう
富岡
富岡
《黙っている》
蜜璃
蜜璃
(みんなかっこいいわ)