第39話

34
2,036
2020/03/31 00:45
二宮和也
あなた〜
あなた

んー?

二宮和也
ちょっと一緒にやって欲しいことがあるんだけど…
あなた

…なに?

二宮和也
一緒に料理作ってくんない?
あなた

…え?料理?

二宮和也
うん。料理。
あなた

……あ、料理ね。
うん、料理。いいよいいよ。

二宮和也
え、何想像したの笑
あなた

何でもない!笑
でも急になんで?

二宮和也
いや、今度ね…
何も、今度雑誌の企画で料理しなきゃいけないらしい。


レシピ見ないで作らなければいけないらしく、相手が相葉さんだから


相葉さんに勝ちたいと。
あなた

勝ち負けなんてあるの?笑

二宮和也
あるの笑
……一緒にやってくれる?
あなた

いいよ笑
なに作るの?

二宮和也
そりゃあもちろん
2人
ハンバーグ!
二宮和也
おっ、さすが笑
あなた

逆にそれ以外作ろうと思わないでしょ笑、和は。

二宮和也
んふふ笑、
材料はあるからさ、早速やろ!
あなた

うん!

2人でエプロンして、手洗って。



和がエプロンつけると子供みたい笑、かわい〜



前髪も眉上だし、え、ほんとにおもしろくなってきた笑
二宮和也
なに人の顔みて笑ってんのよ笑
あなた

え?いや和かわいいなぁと思って。

二宮和也
かっこいいがいい〜笑
あなた

はいはい、かっこいいよ笑

二宮和也
てきとーだなぁ笑
そんなこと言っても耳まで真っ赤ですから。



和は分かりやすいね。こういうときだけ。








✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚



冷蔵庫からお肉、玉ねぎ、、などなど。


いろいろ出して料理開始!!

















始めてちょっとしてからかな?


手が止まり、2人の視線が交わった。


同時にジャンケンの姿勢に変わって、ここから勝負が始まる。
あなた

…やっぱ似てるね、私達。

二宮和也
……俺はやりたくない。
あなたもでしょ?
あなた

そりゃあね。泣きたくないから。

二宮和也
俺もあなた泣いてんの見たら、
料理どころじゃなくなっちゃう。
あなた

じゃあ和やってよ笑

二宮和也
それはやだ笑
あなた

じゃあジャンケンだ。

二宮和也
ぜってぇ勝つ!
いい?いくよ!?
2人
最初はグー!
ジャンケンポン!!
あなた

やった!!

二宮和也
う〜わっ!
負けたぁ!!
あなた

じゃあ和よろしくね。

二宮和也
……おう
そんなこんなで和が玉ねぎを切ってくれまーす!!


(え?玉ねぎどっちが切るかじゃんけんやってたのわかった?)



あ、和が辛そう笑
二宮和也
ひぃー!!
あなた変わりたい?
あなた

えーやだ笑

二宮和也
なんかこの玉ねぎめっちゃ俺の事いじめてくんだけど。
なんだお前。
あなた

玉ねぎは悪くないよ笑

二宮和也
いっつもあなたこんなことやってんだね。
凄いね!
あなた

だつてっ私いつも辛くないようにしてから切ってるもん

二宮和也
はぁ?笑、何それ笑
もっと早く言ってよ。
あなた

へへ笑、言おうと思ったけど
和が切り始めちゃってからいいのかなぁ、と。

二宮和也
もう笑、褒めて損した笑
あなた

えへへ笑、、あれ?もう終わったの?

二宮和也
うん。急いだ笑
あなた

じゃあこれをお肉と混ぜて、
これ入れて、これ入れて……

二宮和也
おー早い早い。
あなた

でしょ?笑
はい!じゃああと、パンパンして形作るだけ。

二宮和也
パンパンって笑、エロいね。
あなた

ちょっ!/////
そういう意味じゃない!!変態!

二宮和也
だってパンパンって……笑笑
あなた

だってパンパンって言わない!?

二宮和也
俺は言わない笑
くふふふ笑、あー面白い笑
…で?これをパンパンするの?笑
あなた

そういうこと!

二宮和也
はいはい笑
もう!みんなあの動作パンパンするって言わないの!?


ってかそれに反応する和はバカだわ。めっちゃ笑ってるし笑


ほら、今だってまだ笑ってるよ。























✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚



こんな料理が面白いと思わなかったわ笑


あなた可愛すぎるでしょ。パンパンって……笑


顔真っ赤にしてさ、ほんと可愛い。



あー楽しい笑
あなた

え、和それ大きすぎじゃない?

二宮和也
うっそ
あなた

ひっくり返せるの?

二宮和也
…頑張る
あなた

そう笑、がんばれ

二宮和也
ねぇねぇ、チーズってあんの?
あなた

チーズ?あったかなぁ……

二宮和也
え、チーズないの?
あなた

あ、さっきお隣にあげた。

二宮和也
隣?誰だっけ
あなた

ほら、あの大学生の男の子。

二宮和也
あーあーあー。あいつね。
……え、なんで?いつそんな仲良くなってんの
あなた

ちーがーう!

なんもあなたが言うには


俺が寝てる間に、あなたは回覧板を渡しに行ったらしい。


そこで、俺の話になったんだって。


俺がチーズが乗ったハンバーグが好きだとそいつに言ったら、


俺も食べてみたいです!!ってなったんだって。


でもチーズが無いんです、ってそいつがぼそっと言ったのが聞こえちゃったと。


そしたら、まぁ俺のあなたは優しいから。


じゃああげるよ!となったらしく。



全部あげちゃったんだって。

二宮和也
つまり、あなたは俺よりそいつのためにチーズを……
あなた

今日ハンバーグ作るなんて思わなかったし。
和がもうちょい早く起きてくれたら笑

二宮和也
俺の所為かい笑
あなた

へへ笑、ほんとにごめんって。

二宮和也
いや、いいよ笑
ハンバーグはハンバーグだから。
そんな流れで遂に焼く時が来て。


和が作ったのが大きすぎるから1番最後。
二宮和也
おーうまそぉ
あなた

おいしそうだね。
あ、お皿出してくれる?

二宮和也
ん。いいよ。
あなた

ありがと。

焼いたのを皿に移して


フライパンにもう一度油を引く
あなた

はい、和の番。

二宮和也
よっしゃ。
見ててよ。
あなた

うん。

跳ねる油に多少驚きながらも


大きなハンバーグと戦う(?)彼の姿はこれもまた面白い。
二宮和也
だれ〜?俺見て笑ってんの笑
あなた

だって和ビビりすぎなんだもん。

二宮和也
ビビってない笑
あなた

そうですか笑、あ、
もういいんじゃない?

二宮和也
まじ?いくよ!?
引っくり返すよ!?
あなた

いけいけ!笑

二宮和也
とやっ!
……え、俺うま。
あなた

自分で言う?笑

二宮和也
だって上手いもん笑
あなた

確かに笑
器用だね〜

二宮和也
へへ笑
…じゃあ、食べよっか笑
あなた

そうだね。

いつもより、時間がかかって大変だったなぁ笑


まぁ、でも笑ったし、超楽しかったからいいや!












2人
いただきまーす!
あなた

あ、美味しい。

二宮和也
うめぇ。
あなた

これで仕事の時も大丈夫だね笑

二宮和也
相葉さんに勝つから笑
あなた

ふふ笑、あ、和ついてる

二宮和也
どこ?
あなた

ここ。

手を伸ばして指でソースを掬ってあげると、


ニコッと嬉しそうに笑い、ありがと。と、あまーい声で言ってくる。








また、一緒に作ろうね。




























✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚

これは後日談なんだけど


俺が仕事行く時たまたまあいつと会ったのね。


あ、あいつっていうのはあなたがチーズをあげたやつで。俺はチーズ男って呼んでんだけど



あ、二宮さん!
先日、奥さんからチーズ頂いたんです!ありがとうございました!
美味しかったとお伝えください!!
二宮和也
あ、はい。
……俺の妻と仲良いんですか?
え?いやいや。優しくしては貰ってますけど。
……奥さん、すんごい二宮さんのこと好きなんですよ。…聞きます?
二宮和也
そうなんですか?笑
前だってすんごいかっこいいって言ってましたよ。
なんかいろいろおっしゃってて。二宮さんって大胆なんですね笑
二宮和也
あいつどこまで話してるんだよ笑
愛されてるんですね!!
羨ましいです!!
二宮和也
くふふ笑、まぁお互い愛してるんで笑
君、ありがとね。また聞かせて。
はい!笑
二宮和也
じゃあね。
二宮さんってほんとに愛してるんだろうなぁ。


だって俺の話聞いてる時、顔すんごいにやけてたもん。


嬉しくてしょうがないんだろうな。いいなぁ。















✽+†+✽――✽+†+✽――✽+†+✽――✽+†+✽――✽+†+✽――✽+†+✽――✽+†+✽――✽+†+✽―


あいつどんだけ言ってんだよ笑


でもまぁ、嬉しいですけど。今日帰ったらいっぱい質問しようっと。


ふふ笑、楽しみだなぁ。

プリ小説オーディオドラマ