第37話

32
2,220
2020/03/01 01:44
ラブラブ生活が多かったので

5~10話くらい書いたら元彼を登場させようかなと思います。

アンケートこご協力頂いた方、本当にありがとうございます🙇‍♂️
✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ 


ある日の夕方
二宮和也
あなた〜……って
あなたは…今日仕事か。
1人でこの広い家で待つのも暇だな。


ま、ゲームしてれば時間は過ぎんだけど。なんか、こう。


温もりっつうかやっぱあなた必要だわ。
二宮和也
風呂入っちゃうか〜
いつもなら10分くらいだけど今日は長めの20分。


だって出てもあなた居ないからね。


ビールと、…ん?プリンじゃん。しかもお高めの。


これは……頂いてもいい感じ?
二宮和也
LINE)冷蔵庫のプリンってあなたの?
あなた

LINE)プリン?どういうやつだっけ

二宮和也
LINE)お高めのやつ
あなた

LINE)え?あ、あー!!だめ!

二宮和也
LINE)え、、、
あなた

LINE)まさか……食べた?

二宮和也
LINE)冷蔵庫にあったから…
あなた

LINE)せっかく今日帰ったら食べようと思って楽しみにしてたのに!!

二宮和也
LINE)ごめんって。今どこにいる?
あなた

LINE)家の玄関の前

二宮和也
うっそ。
ガチャ ||.c( ゚ω゚`|
あなた

…ただいま

あなたは今にも泣き出しそうな目でこちらを見つめる。


そんなに食べたかったのかと思うと……


頬を真っ赤にして、目うるうるさせてとてつもなく可愛い
二宮和也
あなた……
あなた

かずぅ…っ!

ギューするとぽかぽか俺の胸を叩いてくる。


それもまた愛おしい
二宮和也
…おいで?
部屋に連れていき、ソファに座らせる。
二宮和也
プリン、食べる?
あなた

……え?

二宮和也
んふ笑、ちょっと待っててね。
冷蔵庫から取り出してきたものを見て


彼女は大層驚いていた。
あなた

食べたんじゃ…

二宮和也
ほんとはね。食べてないんだよ、最初から。
あなたが冷蔵庫開けるたんびにニヤニヤしてるからなんだと思ったらこれだったのね。
あなた

知ってたの…?

二宮和也
貴方が思ってるより、俺は貴方の事見てますからね。
ゲームばっかやってると思ってたでしょ?笑
あなた

すごい…

二宮和也
くふふ笑、ほら。食べな?
あなた

うん。

二宮和也
……おいしい?
あなた

おいし〜い!!
和!!これ美味しすぎて美味しい!!

二宮和也
そう笑、よかったね笑笑
あなた

和も食べる?

二宮和也
食べたいけど、俺はプリンよりあなたが食べたい。
あなた

ば、ばかじゃないの!
ほら、プリン!あーん!!

二宮和也
あーん…ん。
あなた

ちょっと……

二宮和也
俺ね。今日ひとりで待ってて思ったの。
やっぱあなたがいなきゃ俺寂しすぎてダメみたい。
俺はプリンをあなたの手から離しテーブルに置く
二宮和也
プリンはまた後で。
今は俺のことだけ見て…?
あなたのすべてが俺にとっては愛おしい。


明日はどんなことをしようか。楽しみだね。あなた。

プリ小説オーディオドラマ