第2話

秘密部隊…?
季羽林檎
ま、まず、、蓮は男なのよね?再確認させて欲しいのだけど…
鳳瑞蓮
あぁ、勿論だ
実里響也
じゃあ何で「まま」って呼ばれてるんだ?
鳳瑞蓮
俺がいいよって言ってしまった
赤羽空翔
じゃあなんで生き返った?
鳳瑞蓮
それは俺にも…何故生き返れたんだ?
赤羽空翔
質問を質問で返さないでくれ、、
鳳瑞蓮
す、すまん
佐田陸斗
あああああああもう!
陸斗は大声で叫びながら寝転んだ
佐田陸斗
別によくね?しかもそんな陰気臭いとこで蓮ばっか攻めてさ、
季羽林檎
だ、だって…
夜空
そうですよ!佐田さんの言う通りです。ままは何も悪くありません!!
赤羽空翔
いや、別に悪いとか悪くないとかじゃなくて…
ピーンポーンパーンポーン
たった今、全国各地で大きな怪物が現れました。皆さん、怪物には近づかず、速やかに逃げてください。もう一度言います。〜〜
実里響也
どうする?これから
季羽林檎
あんな事言われたって、全国各地で出たなら逃げ場無いでしょ。
赤羽空翔
蓮、俺はお前について行くぞ
鳳瑞蓮
あぁ、ありがとう
佐田陸斗
俺も、よく分からんがついて行くからな!
鳳瑞蓮
あぁ‪、!だが、その前に試したい事があってな、ちょっと待っててくれ
季羽林檎
分かった!
夜空
まま!
鳳瑞蓮
悪い夜空、ちょっとやりたい事があって、ここで待っててくれ。響也、一応夜空の事守っててくれ
実里響也
あぁ、だが、何を?
鳳瑞蓮
ちょっとな…(あの時、銃が出てこなかった。だが、何故か俺は不死身。何か召喚出来るもの…)
鳳瑞蓮
よし。ライオン、来い!
・・・
鳳瑞蓮
(駄目か…なら…)
結界よ、張れ!
ポンッ
鳳瑞蓮
ちっさ!何だこれ…こんなんじゃ2人入れるか入れないかだぞ!?
佐田陸斗
何…やってるんだ?
季羽林檎
この世界では出てくるものが限られてるのかしら、、
佐田陸斗
え?
実里響也
いや、ライオンが出て来ないのに結界は張れた。だが小さい。前の日本では大きな駐車場を余裕で囲めていたから…
佐田陸斗
ちょっ、何の話?
赤羽空翔
て事は…この日本では、蓮の力で召喚出来るものが限られるって事か?
実里響也
そうなるな
季羽林檎
だったら、蓮が強くなれば、前の日本でいたように最強になるって事ね!
佐田陸斗
おい!俺を置いて話を進めんな!!
鳳瑞蓮
(んー…俺の力が不足している事は分かったが…あっ、これなら…)猫になれ!!
佐田陸斗
猫って‪w蓮お前猫になりたかっ…
ポンッ
鳳瑞蓮
ニャー(出来た…)
佐田陸斗
うおおぉああああ!れ、蓮…なのか?
鳳瑞蓮
ニャ!(そうだ。)
季羽林檎
何言ってるのか分からないわね…
鳳瑞蓮
え?あぁ、すまん。これでどうだ?
佐田陸斗
や、やべぇ…猫から蓮の声が…俺…もう駄目だ
夜空
ちょっと佐田さん!重いです!!もたれかかって来ないでください!!
ポンッ
鳳瑞蓮
猫にはなれるんだな…ん?と言うか、神様から貰った黒っぽい剣はどこに…?
実里響也
あれ?ほんとだ。魔物を殺した時までは蓮が持ってたと思うんだけど…
夜空
剣?あ、あの黒色の剣は私だよ♪
鳳瑞蓮
ええええええええええええ!?嘘だろ、
夜空
ほんとほんと〜!
夜空はそう言うとクルクルと回って剣になった
実里響也
すげぇ…
夜空
えへへ、そうかな!
佐田陸斗
これは…夢…
季羽林檎
ちょ、陸斗重いからどいて!あともたれかかって来んなこの変態!
鳳瑞蓮
夜空、凄いな
夜空
そうかな!私、ままに認められるように強くなるからね!
鳳瑞蓮
十分、強かったぞ
蓮達が笑いながら話していると、後ろから見たことの無い車が来た
鳳瑞蓮
みんな、俺の後ろに
ガチャンッと車のドアが開いた
???
こんにちは、鳳瑞蓮さん
鳳瑞蓮
お前は誰だ。
滝宮玲斗
私の名前は滝宮玲斗(たきみやりょうと)です。
鳳瑞蓮
なぜ俺の名前を知っている
???
お前については調べさせて貰った
滝宮玲斗
っ唬残華様!
鳳瑞蓮
唬…残華?
唬散華実鈴
そうだ、私の名は唬残華実鈴(きょうざんかみすず)だ。
滝宮玲斗
どうして降りて来られたのですか!
唬散華実鈴
この目で確かめたくてな
鳳瑞蓮
っ、何が狙いですか
唬散華実鈴
お前に決まっておろう。鳳瑞蓮、私達秘密部隊に入れ
鳳瑞蓮
秘密…部隊…?