無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

82
2021/07/04

第3話

🌻2
あなたと出会ったのは高校の入学式



一人づつ名前が呼ばれていくなか





「一年二組 天野あなた」



天野「はい!」



(元気な返事だな笑)


なんて思ったのが始まりだった気がする



この時はまだ好きじゃなかったんだよね、


なんかなんて言うんだろ笑


認知したくらいかな?



それから話しかけていったって感じ




『あ、あの、天野さん!』



天野「ん?」



『俺と友達になってくれない?』


(やってしまった…初対面で馴れ馴れしいよな…)







天野「え、いいよ笑」


「あんたおもしろいね」



『え、?そう??』


(よかった…大丈夫だった、、よね?)



このときは焦ったなー💦


結構周りに人も居て大分変な雰囲気になってたからな…


まぁ、これが始まりかな?