無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

55
2021/07/10

第10話

🌻9
天野「どうした?」

「慎太郎と樹が喧嘩なんて珍しいじゃん」


『ん、』


天野「何があったの?」

「話したくなかったいいけど…」















『素直になるって難しいな…』


天野「え?」


『いやー、樹の言ってることも分かるんだよ?でもみんながみんな思いどうりに行く訳じゃない』


天野「そうだよね…」

「みんな違う人間なんだからさ考え方や価値観が違うのは当たり前じゃん?」


「まあ、なんのことで揉めたか知らないけど慎太郎は慎太郎の考え方でいいんじゃない?」


『俺の考え方……』


天野「うん、焦らないでさ!自分のペースでね!」


『うん、ありがと』

『樹と話してみる、』


天野「早く仲直りしてこい!」


あなたのことで揉めたのにあなたに背中を押されました笑













『樹!』


樹「……」


『…ごめん!言いすぎた!』


樹「慎太郎…」




「俺も、悪かった…」

「慎太郎のことも考えずに俺の意見ばっかり押し付けてた」


『樹…!』



樹「俺ら体育祭前に何やってるだろうな笑」


『ほんとだよな笑』



樹「相談だったらいつでも乗るからいつでもこいよ」


『ありがとう心強い』

『近くに爆モテがいるって最高だな!』


樹「だろ😎」

「恋愛のことならこの爆モテじゅったんに任せなさい!」



喧嘩したけどまた絆が深まったかな?

まぁ、結果オーライ!