無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

60
2021/07/17

第11話

🌻10
結局、告白できないまま体育祭は終わった


体育祭が終わるとすぐに文化祭の準備が始まって


俺はやっと決意したんだ





『樹…!』


樹「んー?」


『俺は文化祭終わったら………………… 告白する!』


樹「えー!マジ!?」

「やっと決心したんだな、」


『おう、そろそろ言わないとなって』


樹「頑張れよ」





「文化祭はあなた一緒にまわるんだろ?」


『まだ誘ってないけどそのつもり』


樹「じゃあ俺はお邪魔かな?笑」


『いやいやいやい居てよー』


樹「もうね、顔にお邪魔って書いてあんのよ笑」


『そんなわけn…』


樹「いいって!俺のことは気にせず行ってこいよ!」






『……ほんとにいいの?』


樹「あたりまえだろー!?」

「俺が一番慎太郎のこと応援してんだからなー?」


『…ありがと』

『俺頑張るから!!』


樹「ぶっかましてこい!」



俺たちの絆は永久不滅だってことでいいよね?笑