無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

73
2021/07/05

第7話

🌻6
土曜日_



天野「やっほー」


しんじゅり「『やっほー✋』」


樹「久しぶりだよね!」


天野「そうだね〜!もう二週間ぶりくらい?」


『もうそんな経つか…』


天野「え、てか慎太郎バスケするのにボール持ってきてないじゃん!」


『え、あ、ほんとだ笑』


樹「なにしてんだよ笑」


天野「いいよ、ほらっ」


「あたしの貸してあげるから」


『ありがと…///』


樹「なに照れてんだよ笑」


『はー?照れてねーし』


天野「慎太郎照れるなんて柄じゃないもんね笑」


『もうー早くバスケしようぜ!』


樹「話変えんなよ笑」





バンバンバン⛹️‍♂️ シュッ ( っ'-')╮ =͟͟͞͞🏀


ダンダンダン⛹️‍♀️ シュッ =͟͟͞͞🏀 ヽ( '-'ヽ)ヘイ
(雑でごめんなさい。)




『やっぱりうめーな』


天野「そんなことないよ笑」


『いや、そんなことあるよなー!』


樹「うん、相当上手いと思う笑」


『どうしたらそんな上手くなるんだよ〜』


天野「どうしたらって、別に何もしてないし…」


「あたしから言わせれば二人の方がうまいからね?」


しんじゅり「『それはない!!』」


天野「笑笑息ぴったりじゃん!」



初めてあなたと夏休みの思い出ができた瞬間だった