無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

110
2020/09/06

第2話

🌷❤︎(幼少期)僕が女の子…?
ひかげ母
ひかげ母
あなたは私のようにもう一度アイドル界を盛り上げなきゃいけないのよ!
どうして僕なんかがプリチャンアイドルにならなきゃいけないんだ…
男がアイドルなんて、かっこ悪い。

ひかげ
ひかげ
僕嫌だ!
プリチャンアイドルなんかやらない!
プリチャンアイドルは女の子がやるものだろ!?
どうして男の僕がやらなきゃいけないの!
ひかげ母
ひかげ母
はぁ…ひかげ、気づいてないわね…
ひかげ
ひかげ
え…何を?
ひかげ母
ひかげ母
あなたが女の子としてプリチャンアイドルになればいいのよ!
ひかげ
ひかげ
…
(嫌だなんて言えない。元々自分は女の子みたいな顔だし、それだったらいいと思っちゃってるかも…)
ひかげ
ひかげ
…わかったよ。
ひかげ母
ひかげ母
いいの!?いいのね!?さすがひかげ!
じゃあ、女の子として活動する時の名前を考えましょ!
ひかげ
ひかげ
そんなになりすまさなきゃいけないの!?
ひかげ母
ひかげ母
そうに決まってるじゃない!
ひかげ母
ひかげ母
私の名前がみなみで、あなたがひかげだから…
ひかげ母
ひかげ母
ひなみよ!
ひかげ
ひかげ
…
ひかげ母
ひかげ母
ほらほらー!着替えるわよー!ウィッグもあるし、服もあるし、カラコン、メイク道具もよし!
変身よー!
ひかげ
ひかげ
…
嫌だけど、、嫌だなんて言ったらまた怒られて、お父さんに殴られる…!
ひかげ
ひかげ
あ、あはは…楽しみだなー……
それから数十分後。
ひなみ
ひなみ
これが……僕?
ひかげ母
ひかげ母
可愛い!とっっっても可愛いわ!
この時僕は、明らかに楽しかった。

今までと違う新しい自分。



もう1人の僕。



(やだ…女の子の格好するのが楽しいなんて、僕、ヘンタイみたいじゃん…)

ひなみ
ひなみ
お母さん…僕はこれからこの姿でプリチャンアイドルになるの?
ひかげ母
ひかげ母
そうに決まってるじゃない!

ささ、特訓よ!
ひなみ
ひなみ
え、ちょ、どういうこと!?
ひかげ母
ひかげ母
あなたはまだ仕草や口調が男の子だから、女の子にするのよ!
ひなみ
ひなみ
わかった…やってみる…!
お母さんのこの言葉はすごい信じられるなぁ…

なんせ、お母さんは元カリスマプリチャンアイドルだし…



もっと女の子になりたい僕がいる。


ひなみ
ひなみ
僕…これからどうなっちゃうのかな…
✴️✴️✴️✴️✴️✴️✴️✴️✴️✴️✴️✴️✴️✴️✴️✴️✴️✴️✴️

はーい、いかがでしたでしょーか!

ハート、フォロー待っております((。´・ω・)。´_ _))


読んでくれてありがとうございました!