無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

よん、に(輝視点)
そうか…

これが恋なのかぁ…

今でも百夜さんの事を思い出しただけで顔が熱くなる。

こんなんで学校で顔合わせられるのかなぁ、

それにしても…


ほんとに可愛らしい人だったなぁ…

こう、ふわふわしてるって言うか、清楚系って言うのかなぁ…

まぁ、まとめるとお姫様みたいに可愛い人って感じかな。

そんな事を考えながらもベッドに移動する。

いつか僕の隣で純白の白いドレスを着てくれる日が来てくれますように。

そう思いながら目を閉じた。