無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

ろく
そんな事があり、源さんと一緒にコンビニへ向かっています‼

助かったけど、1つだけ欠点があります…









話す事がない…‼


まず自分自身が男の人と話したことないから何話せばいいかがわからない…‼

な、何話せばいいの⁉
輝
そう言えば、百夜さんってさぁ
あなた

は、はい!

輝
引っ越してくる前は何処の高校だったの?
あなた

えっとですね…!
前は あすか女子高等学校ってところでした…!

あなた

まあ、一ヶ月するかしないかぐらいでここに来ちゃったんですけどね 笑

輝
あすか女子高等学校って、結構名門のところだよね?
父親が妹をそこに入れようと張り切ってたなぁ 笑
あなた

そうなんですね 笑
というか、妹さんいらっしゃったんですね⁉
今何歳の妹さんなんですか?

輝
言うとみんなによく言われるよ笑
僕は弟しかいないイメージがみんなからついてるっぽいや笑
妹は今5歳なんだ。僕と光…じゃないや、弟とも結構離れてるんだ。
あなた

5歳…!
結構離れてますね。

輝
そうなんだよね 笑
輝
そんな事よりっ、
輝
ほら、ついたよ。
顔を少し上に上げてみるとコンビニがあった。

つけた〜‼‼

源さんと会話もできたし…!

楽しかったなぁ

そう思いながらも源さんにお礼をしコンビニにはいっていった。