無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

4話
903
2021/02/04 08:19
エンデヴァー
今日からお前は家族ではない。二度と俺の前に顔を見せるな。
は?
ヤバいキレそう。
あなた
個性で人を判断するような家だったのですね。幻滅しました。
つい言ってしまった。
エンデヴァー
4歳の癖によく喋るな。
前世の記憶があるからね。精神年齢だけは高いほうだよ。
あなた
はい?
エンデヴァー
もういい。お前はこの家には住むな。向こうの物置で過ごせ。
この轟家には薄暗い物置がある。そこに私は今日から住むらしい。
あなた
…………………。
嫌な家だな。
エンデヴァー
さぁ、行け。ドンッ
あなた
痛っ
蹴られた。
私はお母さんに視線を送った。助けを求めて。
轟冷
………………。ギロッ
お母さんはどうしてそんな目で見てるだけで助けてくれないの?
私は、この家に居場所は無いと悟った。
私は諦めて、物置に歩いた。