無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

169
2021/11/27

第3話

1
【演者】の(なまえ)
【演者】のあなた
おぉ!ここが灯のアジト?!
【演者】の(なまえ)
【演者】のあなた
早速失礼しまぁすっ!
手すりに手をかけ、ドアを開ける
【演者】の(なまえ)
【演者】のあなた
び、美女が沢山!?
すると白髪の少女に話しかけられた
【百鬼】のジビア
【百鬼】のジビア
おいお前!
【演者】の(なまえ)
【演者】のあなた
はっ!なんでございましょうか!白髪の美女様!
【百鬼】のジビア
【百鬼】のジビア
?...まぁいいか。
【百鬼】のジビア
【百鬼】のジビア
養成学校での成績を教えろ!
【演者】の(なまえ)
【演者】のあなた
えっ成績?...正直に言うと落ちこぼれです
【百鬼】のジビア
【百鬼】のジビア
お前もかよ
お前"も"ということはここにいる全員が落ちこぼれ?
するとまた人が入ってきた
【花園】のリリィ
【花園】のリリィ
コードネーム【花園】、到着しました!!
スパイなはずなのにあんな堂々と名前を名乗っていいのだろうか?
【花園】のリリィ
【花園】のリリィ
あれ?
【百鬼】のジビア
【百鬼】のジビア
おいお前!養成学校での成績を教えろ!
【花園】のリリィ
【花園】のリリィ
えぇと...灯の皆さんはどこですか?
【百鬼】のジビア
【百鬼】のジビア
まず質問に答えろ。くだらん嘘はつくなよ?
【花園】のリリィ
【花園】のリリィ
し、正直に言うと落ちこぼれで____
言葉をさえぎって時計の鐘の音が鳴り響く
六時、事前に伝えられた集合時刻だ
【燎火】のクラウス
【燎火】のクラウス
____極上だ
顔を上げると玄関正面の大階段の上には、いつの間にか、スーツ姿の男性がいた
【燎火】のクラウス
【燎火】のクラウス
ようこそ、陽炎パレスへ
【燎火】のクラウス
【燎火】のクラウス
僕は『灯』のボス、クラウスだ
【燎火】のクラウス
【燎火】のクラウス
歓迎する。よく来たな
【燎火】のクラウス
【燎火】のクラウス
僕とお前たち七名が灯のメンバー全員だ
【燎火】のクラウス
【燎火】のクラウス
このメンバーで不可能任務に挑む
【花園】のリリィ
【花園】のリリィ
へ?
ん?7名?
今ここには8人の少女達がいるぞ?え?
人数間違え?
【燎火】のクラウス
【燎火】のクラウス
初任務は一か月後
【燎火】のクラウス
【燎火】のクラウス
それまで僕がお前たちを鍛えあげる予定だが...そうだな、今日は長旅で疲れただろう
【燎火】のクラウス
【燎火】のクラウス
訓練は明日にして、仲間と親睦を深めておくといい
クラウスは身を翻して館の奥に消えていった。

……………あの男は今なんて?
『灯』のメンバーは、一人の男とスパイ見習いのみ?
不可能能任務まで一か月を切っている?
【百鬼】のジビア
【百鬼】のジビア
あの男、何が目的なんだよ
【百鬼】のジビア
【百鬼】のジビア
あたしらみたいな問題児ばかり集めて、不可能任務なんて
【百鬼】のジビア
【百鬼】のジビア
あぁそうさ、八人全員____養成学校の落ちこぼれだ
面を食らって、しばらく声が出なかった年端も行かない七人の少女
そして、いつでもマイペースな少女は
【演者】の(なまえ)
【演者】のあなた
一緒に屋敷探検しません?めっちゃ楽しそうですよ!
【百鬼】のジビア
【百鬼】のジビア
お前!空気読め!今のは沈黙するところだろ!
【演者】の(なまえ)
【演者】のあなた
えへ
【演者】の(なまえ)
【演者】のあなた
うち、なんかしんみりしてんの嫌いだから、ごめんね☆