無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

84
2022/01/03

第9話

7
第3者side
結論から言うに、金髪の少女とクラウスは男共に捕まっていた
クラウスを捕らえている鎖は鍵穴を蝋で埋められていて、解錠もできない
普通の鎖ならば引きちぎれるものの鎖の太さは直径1センチ近い太さのため引きちぎることは出来ない
偶然だろうが、この男たちはクラウスに対して完璧な対処をしている
そしてクラウス達を捕らえたグループのボスが現れた
ボスは昨日、金髪の少女と出会っていた
そのボスは金髪の少女のことを"議員の娘"クラウスのことを"凄腕ボディガード"と呼んでいる
そしてクラウスは必要以上にボスを挑発し、頭にきたボスは
クラウス達を捕らえたグループのボス
予定変更だ
クラウス達を捕らえたグループのボス
交渉材料になるから殺さない方がいいっつう情報だったが、やめだ
【燎火】のクラウス
【燎火】のクラウス
...その中途半端な間違った情報をどこで仕入れた?
クラウス達を捕らえたグループのボス
てめぇには関係ねぇよ!!
怒鳴り散らして、男が懐から拳銃を取り出した
周囲の手下たちも
手下
ボスっ!
と声をかけ、行動を諌める
けれど、男は止まらなかった
銃口をクラウスに向ける
この期に及んでもクラウスは表情を崩さない
【燎火】のクラウス
【燎火】のクラウス
情報源は...少女か?
クラウス達を捕らえたグループのボス
...っ
一瞬、男の顔に動揺が浮かび、殺す、と口が動き引き金に手をかけた
【愚人】のエルナ
【愚人】のエルナ
せんせいっ!
エルナが叫ぶ
次の瞬間、部屋に銃声が響く
クラウスの体が僅かにはねる
周囲の男たちが体をのけぞらせる
【燎火】のクラウス
【燎火】のクラウス
_____極上だ
【燎火】のクラウス
【燎火】のクラウス
僕は今感動している
【燎火】のクラウス
【燎火】のクラウス
これほど胸が踊るのは何年ぶりだろう
言葉と違いクラウスは無表情で語り始める
【燎火】のクラウス
【燎火】のクラウス
偶然にしては出来すぎていた
【燎火】のクラウス
【燎火】のクラウス
人違いをしているが僕の対処が完璧なんて
【燎火】のクラウス
【燎火】のクラウス
当ててやろう
【燎火】のクラウス
【燎火】のクラウス
少女の轢殺に失敗したお前は、そうだな、淡藤髪の少女と銀髪の少女と会った
【燎火】のクラウス
【燎火】のクラウス
2人の少女はさも噂話をするように僕たちの情報を騙った
【燎火】のクラウス
【燎火】のクラウス
それを信じて誘拐を企てた
【燎火】のクラウス
【燎火】のクラウス
人質にはたまたま出会った黒髪の少女を選んだんじゃないか?
【燎火】のクラウス
【燎火】のクラウス
僕たちの行方は白髪の少女から聞いた、正解だろう?
クラウス達を捕らえたグループのボス
どうして、それを...
図星らしい、ボスの目が見開かれる
【燎火】のクラウス
【燎火】のクラウス
なるほど、やってくれたな
【燎火】のクラウス
【燎火】のクラウス
たった十日で、僕の予想をはるかに上回る成長だ
そして、エルナにだけ聞こえる声で囁く
【燎火】のクラウス
【燎火】のクラウス
やれやれ、ここまでするか?
【燎火】のクラウス
【燎火】のクラウス
授業1つ_____僕を捕まえるためだけに、犯罪グループを丸ごと手籠めにするか?
【燎火】のクラウス
【燎火】のクラウス
なるほど、気づける訳が無い
【燎火】のクラウス
【燎火】のクラウス
この男達は本気で人質を取り、本気で僕たちを脅迫している
【燎火】のクラウス
【燎火】のクラウス
素晴らしい手法だ
【燎火】のクラウス
【燎火】のクラウス
彼女たちには無限の才能が眠っている
【燎火】のクラウス
【燎火】のクラウス
やはり見立てに間違いはなかった
そこで、今まで黙っていたボスが激昂する
クラウス達を捕らえたグループのボス
なにブツブツ呟いてんだ!今度こそ殺すぞ!
【燎火】のクラウス
【燎火】のクラウス
教えて欲しいだけだ
【燎火】のクラウス
【燎火】のクラウス
_____このお遊びにはいつまで付き合えばいい?
その言葉と共に山小屋の窓が一斉に割れる
犯罪グループの男達が動揺の声をあげる
窓を蹴破って飛び込んできたのは"灯"の少女たちだった
蒼銀髪の少女が不遜な笑みを浮かべ、男たちの顎を瞬時に拳で撃ち抜いていく
それに続いてリリィが毒液の塗られた針を打ち込み、あなたは麻酔銃を打ち込み男たちを次々と眠らせていく
少女達が戦っている中、赤髪の少女が金髪の少女とクラウスの元へ行き、金髪の少女の鎖のみ断ち切る
【愛娘】のグレーテ
【愛娘】のグレーテ
ごめんなさい、エルナさん
【愛娘】のグレーテ
【愛娘】のグレーテ
あなたが想定以上の幸運をもたらし、一回目の事故後、運転手に見覚えがあるとあなたさんが仰り、急遽計画を変更しました...
【演者】の(なまえ)
【演者】のあなた
昨日エルナのこと気になってつけてたんだよね、ごめんね
2人の言葉に続き、リリィと蒼銀髪の少女が口にする
【花園】のリリィ
【花園】のリリィ
あ、私は止めましたよ?エルナちゃんに寂しい思いをさせるなんて!!
【氷刃】のモニカ
【氷刃】のモニカ
ちゃっかり自分の保身するな
クラウスは呆れたように目を伏せた
【燎火】のクラウス
【燎火】のクラウス
早く戦ってこい、2分以内に制圧しろ
その言葉と共に少女たちは部屋を駆けた
2分後_____少女達はしっかり犯罪グループを眠らせ、縛っていた
「次は貴方です」とでも言わんばかりに少女たちはクラウスを囲っている
この勝負は少女たちの勝ちに思えたその時だった_______
バキッ
ビスケットが砕けるような音がした
灯の少女達
灯の少女達
ん?
猛獣を縛る用の鎖が、クラウスに簡単に砕かれてしまった
【花園】のリリィ
【花園】のリリィ
え、この鎖って...猛獣を縛るための鎖ですけど...
【燎火】のクラウス
【燎火】のクラウス
次は恐竜用を用意するといい
【演者】の(なまえ)
【演者】のあなた
あはは...バケモンだこりゃ
【燎火】のクラウス
【燎火】のクラウス
お前たちでは僕の敵にさえなれないよ
どうやら、メンバー全員が投げ飛ばされるまで、20秒は抵抗できたようだった_____
作者
作者
どうも皆さん!おはようございます、こんにちは、こんばんは!!
作者
作者
作者です!!
作者
作者
えー簡単な設定紹介なんですけど、入れていきたいと思います
作者
作者
ピカピカの女子高校生!!

ある時本屋さんに行きスパイ教室を出てる全て購入

ハマる

推しが...死ぬ!!!

耐えられない!!

そうだ!!転生しよう!!

テッテレー大成功!!

養成学校入学

体術が「こんなに弱いなんてことある?」ってくらい激弱だけど狙撃が養成学校で1番の成績だった

狙撃が天才的で、頭もそんなに悪くはないので落ちこぼれではなかった

狙撃が天才的なのに嫉妬した養成学校の1部

キツめなイジメのスタート

気が狂ったあなたはイジメをした奴ら全員撃ち殺してしまった

落ちこぼれ生活スタート

人を殺した生々しい感覚が離れなくなり人を殺すのが恐怖に

でも銃を使わなきな自分の才能を生かせない

そうだ、銃弾を全て麻酔に変えよう!!

あなたが使っているのは拳銃ではなく麻酔銃
作者
作者
みたいな設定で行きたいと思います!!
作者
作者
この作品を読んでくれている数少ない人様。これからもよろしくお願いします!!