無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

第4話:すとぷりの隠し事
(なまえ)
あなた
訓練所………?
ドアの先には、この家にあるとは考えられないくらい、別の世界が広がっていた
(なまえ)
あなた
なんでここに訓練所なんか………
でも、ここにいると
(なまえ)
あなた
前世を思い出すな………
私は何故か前世の記憶を持っている
何故持っているのかは分からない
(なまえ)
あなた
この部屋めっちゃ血だらけ………
ななもり。
ななもり。
…………何してるの?
(なまえ)
あなた
!!!
振り返るとそこには























すとぷりがいた
(なまえ)
あなた
………え?
ななもり。
ななもり。
だから、ここで何してるのって聞いてるの
(なまえ)
あなた
何もしてませんけど………
ジェル
ジェル
っていうかなんでこの部屋に入ってるんや?
(なまえ)
あなた
ドアがあって、気になったので……
(なまえ)
あなた
というか、玲奈は?
るぅと
るぅと
玲奈はもう夜遅いからって寝ましたよ
(なまえ)
あなた
あ、そうですか…
ころん
ころん
ねぇ、君
(なまえ)
あなた
はい、なんでしょうか
ころん
ころん
この部屋に入って…………
(なまえ)
あなた
違和感はありませんよ
すとぷり
すとぷり
…………!!!
莉犬
莉犬
ど、どうして……?
(なまえ)
あなた
懐かしかったので
さとみ
さとみ
なつか……しい………?
(なまえ)
あなた
はい
(なまえ)
あなた
私、最初から分かっていましたよ
(なまえ)
あなた
あなた達、すとぷりがなにか隠していることなんか
すとぷり
すとぷり
……………
(なまえ)
あなた
………話してくれませんか?
すとぷり
すとぷり
…………え?
(なまえ)
あなた
あなた達が隠していることを
ななもり。
ななもり。
ど、どうして話さなきゃいけないんだ?
(なまえ)
あなた
幸いに、私も何かと隠していることがあるので
(なまえ)
あなた
すとぷりの皆さんが言ってくれれば私も言おうかなと思っていたんですけど………
莉犬
莉犬
言う!
さとみ
さとみ
あなた達に隠していること言う!
すとぷり
すとぷり
さとみ………!/さとみくん………!
莉犬………!/莉犬くん………!
(なまえ)
あなた
そうですか
(なまえ)
あなた
他の皆さんは?
るぅと
るぅと
言うわけないじゃないですか
ジェル
ジェル
言うわけあるか
ころん
ころん
言わねぇよ
ななもり。
ななもり。
言わない
(なまえ)
あなた
そう………ですか……
(なまえ)
あなた
それならそれでいいんですけど………
タッタッタッ(廊下に行こうとする)
ガシ!(腕を掴まれる)
ジェル
ジェル
どこに行くんや!?
(なまえ)
あなた
妹の所に
ジェル
ジェル
どうして?
(なまえ)
あなた
あなた達が隠していることをバラシに
すとぷり
すとぷり
……………!!
ジェル
ジェル
やめろ!
ジェル
ジェル
でも、お前は俺たちの過去を知らんよな?
(なまえ)
あなた
知ってますよ
すとぷり
すとぷり
!!!
(なまえ)
あなた
だからこそ、あなた達の口からいってもらえればよかったのですが………
ジェル
ジェル
わ、分かったから!
ジェル
ジェル
言うから!
ジェル
ジェル
頼む!玲奈だけには言わないでくれ………
(なまえ)
あなた
嫌われたくないんですね………
(なまえ)
あなた
まぁ、そんなことはどうでもいいんですけど
(なまえ)
あなた
それでは、隠し事を話してもらいましょうか
ななもり。
ななもり。
あぁ、分かった
俺達は、殺し屋をしている
殺し屋のグループ名はstrawberryすとろべりー
みんなの殺し屋のハンドルネームは
ななもり。
ななもり。
俺はplumプラム
ジェル
ジェル
俺はinterestingインタレスティング
さとみ
さとみ
俺はsmartスマート
ころん
ころん
僕はstraightストレート
るぅと
るぅと
僕はNeroネロです
莉犬
莉犬
俺はanjingアンジング
俺達は世界で2番目に強い殺し屋
俺達は殺し屋界で1位にはなれない
それはどうしてかと言うと
答えはカンタン
俺たちより遥かに強い世界最強、誰もこの人の手には及ばない
その殺し屋の名前は
Endlessエンドレス
そいつはたった1人で世界最強を独走している
誰の手にも及ばない
そいつEndlessの顔を見たら、知ったらすぐに殺される
ななもり。
ななもり。
これが俺達があなた達に隠してたこと
(なまえ)
あなた
なるほど………
(なまえ)
あなた
その、Endlessの姿とかは?
ななもり。
ななもり。
聞いた話によると、殺し屋って雰囲気じゃないって聞いたことあるな
ジェル
ジェル
後、天使みたいな女の子やったって言うんのも聞いたことあるな
るぅと
るぅと
神秘的な雰囲気の女の子って噂で言われていたような……
(なまえ)
あなた
そうなんですね………
ころん
ころん
僕達の隠してること言ったんだから、お前あなたの隠してることも話してもらわないと
(なまえ)
あなた
そうでしたね
(なまえ)
あなた
それでは話しましょう
(なまえ)
あなた
私の”過去”について………
~~~~~第4話:すとぷりの隠し事終了~~~~~
作者
作者
はい!どうでしたでしょうか
作者
作者
次回は、あなたちゃんの過去からのスタートとなります!
作者
作者
あなたちゃんの過去は長いですからね………
作者
作者
それでは〜?
すとぷり
すとぷり
おつぷり〜!