無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

1話😳
ここは江戸。私は江戸に逃げてきた。
とりあえず家から出たかった。家族と離れたかった。


私は家族に暴力を受けていた。もう心も身体もボロボロで辛かった。だから逃げた。
あなた

ゴホッ...ヴ...ゲホッゴホッゴホッ...

やばい早く薬飲まないと…
たしかカバンに入れたはず。
あなた

………

あなた

あれ?無い…

あなた

ゴホッ...ゲホッゴホッ…うぅ…

ダメだ。視界が歪んできた。せっかく逃げられたのに…。
その時だった。

あの人が現れたのは。
???
大丈夫ですかィ??
あなた

ウゥ…もうダメ…(バタッ)

???
!?
???
しっかりしてくだせェ!!
???
おい総悟なにサボってんだ
沖田総悟
土方コノヤロー。サボってなんかないですぜィ。
土方十四郎
じゃあなにしてんだよ。
沖田総悟
見りぁわかるだろ。このお嬢ちゃんが倒れたんでィ。
土方十四郎
そいつぁ大変だ。とりあえず屯所に連れていこう。
沖田総悟
でも女ですぜィ?
土方十四郎
女だろーが男だろーが助けるんだよ。
土方十四郎
(可愛いからなんて言えない///)
沖田総悟
さすが土方コノヤローだ。んじゃあお嬢ちゃんは俺が連れてくんで先に帰っててくだせェ。
土方十四郎
俺も手伝うぞ?
沖田総悟
いや、1人で十分ですぜィ
土方十四郎
そうか…じゃあ頼んだ
スタスタスタ
沖田総悟
(´Д`)ハァ…やっと土方コノヤローがいなくなった。
沖田総悟
にしてもこのお嬢ちゃん可愛いな…
沖田総悟
まぁいいや。屯所に連れてこ
沖田総悟
よいしょっと。軽っ。
そしてあなたはおんぶされて屯所に連れていかれた。