無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

雨と傘
106
2021/08/09 07:46
すずめ
すずめ
…?ちょっとしめってる…?
草原を抜け、すずめが来たのは葉のない木に囲まれた場所だった
少し進むと、そこは崖になっていた
すずめ
すずめ
これは…飛べと?
羽を広げ、飛び立つ
すずめ
すずめ
よいしょっ…
道に沿って進むと、門を見つけた
周りを見渡すと、ちょうど火が灯せそうなところがあったので灯してみると
音を立てながら門が開いた
門をくぐると
ポチャン
すずめ
すずめ
…ポチャン?
急に雨が降ってきた
すずめ
すずめ
雨…冷たっ!
その雨は触れると光を奪われてしまう雨だった
すずめ
すずめ
とりあえず屋根があるところ通っていこう…
草原にもあった蝕む闇を燃やしながら進むと
もう一個門があったので開ける
すずめ
すずめ
うわっ…屋根ないじゃん…
幸い木の中の空洞を使えば進めそうだ
すずめ
すずめ
冷たい…
明かりがあったのでそこで光を回復する
すずめ
すずめ
どうしよう…
???
大丈夫?
すずめ
すずめ
え?
キャンドルを出され、それに自分のキャンドルを触れさせると
先生
先生
…大丈夫…そう…だね
アズメ
アズメ
先生ー?
ソウ
ソウ
おや…雀?
すずめ
すずめ
…!?
先生
先生
やっぱ雀は雨林で止まっちゃうか〜…
先生
先生
君…名前とか…ある?
すずめ
すずめ
いや…ない…けど
先生
先生
そっか…
先生
先生
とりあえず「すずめ」でいいか
すずめ
すずめ
すずめ…
アズメ
アズメ
ほら!行くぞ!
ソウ
ソウ
私たちと一緒に行きましょ
すずめ
すずめ
ありがと…えっと
先生
先生
あぁ。自己紹介がまだだったね
先生
先生
僕はみんなから先生って呼ばれてるんだ。よろしくね
アズメ
アズメ
オレはアズメ!よろしくな!
ソウ
ソウ
ソウっていいます。よろしくね!すずめちゃん
先生
先生
そうだ、
先生
先生
はい。キャンドル。受け取って
すずめ
すずめ
あ、うん…
白いキャンドルを受けとる
先生は手を出す
先生
先生
行こう!
すずめ
すずめ
うん…!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やっと出したいキャラ出せた…
先生
先生
はじめましてー先生だよ
アズメ
アズメ
すずめ1人で進めるの大変そうだったな
死ぬかと思った
ソウ
ソウ
そこまではないでしょうに
今日のしめどうする?
アズメ
アズメ
先生で良くね?
先生
先生
え僕?
じゃあよろしく
先生
先生
ハイハイ…
先生
先生
じゃあ皆さん
先生
先生
あばよ
かっこよ
アズメ
アズメ
それな〜