無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第34話

お泊まり会 だ よ ー ん ♡
前回の続きです




白鳥side



ということで、私の家でなにわのお泊まり会をすることに…






私の家は都合が良すぎるんよ!









あの後ですね、お母さんから連絡がありまして、明後日まで家に帰れないという連絡が






はあーぁ、もうヤバいですよw





















ピンポーン




『はーい』



高橋「うぃーす」



『だから、早く来るなとあれだけ言ったやろ』



高橋「だって、家隣だからw」



『そこ笑うとこちゃうやろ』





皆さん、お気づきでしょうか


私と恭平は家がお隣さんなんですよ…


なので、風邪とか引くと、すぐ来るんですよw















高橋「お邪魔しまーす」



『お邪魔しないでくださーい』



高橋「スルー (家に入る)
ていうかさ、いつから俺にそんなにあたりが強くなったん?」



『なにわを結成して、シンメになった時ぐらいからかな?』



高橋「あの可愛い可愛いあなたはどこへ…」



『そんなに褒めないでくださーい』



高橋「今のあなたには褒めてない、昔のあなたに褒めてるの!」



『はいはい…』












ピンポーン



『はーい』



道枝「お邪魔しまーす」



長尾「あなた、来たよー!!」



『入って入って〜』



道枝「おっ!恭平やん!はやない?」



高橋「俺、あなたのお隣さんだから( • ̀ω•́ )✧」



長尾「そうか…」



『ていうかそこ、カッコよく言うところやないで』













ピンポーン



『ちょっと、誰が出て〜』



長尾「じゃあ、僕出る〜」



西畑「やっほー!って、長尾じゃん!」



大西「あれ、あなたは?」



長尾「料理作ってますよ」



『大吾くん、りゅうちぇ、入って入って〜』



西畑「お邪魔しまーす」



大西「お邪魔しまーす」













ピンポーン



『また誰が出て〜』



西畑「じゃあ、俺が出る〜」



藤原「あれ、大吾やん」



大橋「あなたは?」



西畑「あっちで、俺たちの夕食作ってるー」



『あっ!丈くんたち!上がってー』



道枝「あなたは大変やな」



『そう思うなら、手伝ってくれますか?』



道枝「うーん…あなたのは無理」



『なんでなん?』



道枝「怖いから」



『ディスられた…』























まだまだ、なにわのお泊まり会は続きそうです!!












シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

٭❀*ぽん٭❀* 🌸🌻
٭❀*ぽん٭❀* 🌸🌻
˙˚ʚ OPEN ɞ˚˙ *お気に入り900越え!ありがとう!! あと100で1000だよ!!夢の1000!((殴 秋らへんになったら、更新速度下がるかも? 受験生なんで ファンマ→🌸🌻 ファンネ→ポミリー ファンマ付けてくれたら、認知しまーす! 付けたら教えてね♪ ー 日常はそんなにド派手じゃない ルーティンワークは間違いなわけじゃない ー ー 約束するよ あの場所へ連れていくから ー ▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃▹◃┄▸◂┄▹◃ ー 自担しょうか〜い ー _ デビュー組 _ 嵐→ニノよりのアラシック セクゾ→しょりけんよりのセクガル ジャニスト→赤緑濃いめの虹色ジャスミン キンプリ→all担のティアラ(誰とは選べない) _ Jr組 _ HiHi Jets→ゆとみずよりの世界一Hiレベルな女 美 少年→うきなす(学歴コンビ)よりの美少女(?) 関ジュ→信号ブラザーズよりのall担 なにわ女子でもあります! ▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃▹◃┄▸◂┄▹◃ *⑅୨୧永瀬の廉さんと同じ誕生日୨୧⑅* ✿.*・1日1更新を目安にしています✿.*・ フォローとかもお待ちしています!! フォローされたら、返す主義ですw よろしくお願いしますm(*_ _)m Twitter→@ponwest0423 ˙˚ʚ CLOSE ɞ˚˙
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る