無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第42話

恭平の悩み
前回の続きです







白鳥side





『恭平は、悩みないん?』



高橋「俺は、シンメのあなたが心配なことかな」



『なんでやねん!!』



桐山「確かにあなたはまだ子供だもんな!」



高橋「そうですよね!」



『こら、高橋!』



重岡「あなたは、どこかに行っちゃったりするから困るんよな〜」



神山「あの時は、結構ヤバかったねw」



小瀧「目を離すとどこか行ってるんやもん」



『それは、入所当初の事じゃないですか…』



高橋「いや、今もや!」



『(  '-' )ノ)`-' )ベシッ』



高橋「痛ぁー!今日俺、何回叩かれるんや〜」



『そういうことをするからや』



藤井「恭平の悩みってそれだけなん?」



高橋「あとは、自分がたまにみんなと離れている気がするんです」



中間「なるほどなぁ〜」



『そうには見えないけど?』



高橋「見えないようにしてるだけですー!」



濱田「俺もたまにあったよ」



高橋「そうなんですか!?」



桐山「ああいう時って、仲間の存在が大きいよな〜」



中間「めっちゃわかる」



重岡「俺らは、そういうことがありながら頑張ってデビューを掴んだからな〜」



藤井「特に、関西の場合はそういうことが多いよな」



小瀧「仲間が居れば、なんでも乗り越えられる!」



高橋「俺には、あなたが居るんで!」



『私、こいつと仲間になった覚えはありません』



高橋「あなた〜(´TωT`)」



神山「あなたと恭平で漫才出来そうやな」



濱田「シンメといい、漫才コンビやな!」



『辞めてください!』



高橋「あなたが塩〜!」



全員『www』






















無事、恭平の悩みも解決しましたとさ!











シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

٭❀*ぽん٭❀* 🌸🌻
٭❀*ぽん٭❀* 🌸🌻
˙˚ʚ OPEN ɞ˚˙ *お気に入り900越え!ありがとう!! あと100で1000だよ!!夢の1000!((殴 秋らへんになったら、更新速度下がるかも? 受験生なんで ファンマ→🌸🌻 ファンネ→ポミリー ファンマ付けてくれたら、認知しまーす! 付けたら教えてね♪ ー 日常はそんなにド派手じゃない ルーティンワークは間違いなわけじゃない ー ー 約束するよ あの場所へ連れていくから ー ▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃▹◃┄▸◂┄▹◃ ー 自担しょうか〜い ー _ デビュー組 _ 嵐→ニノよりのアラシック セクゾ→しょりけんよりのセクガル ジャニスト→赤緑濃いめの虹色ジャスミン キンプリ→all担のティアラ(誰とは選べない) _ Jr組 _ HiHi Jets→ゆとみずよりの世界一Hiレベルな女 美 少年→うきなす(学歴コンビ)よりの美少女(?) 関ジュ→信号ブラザーズよりのall担 なにわ女子でもあります! ▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃▹◃┄▸◂┄▹◃ *⑅୨୧永瀬の廉さんと同じ誕生日୨୧⑅* ✿.*・1日1更新を目安にしています✿.*・ フォローとかもお待ちしています!! フォローされたら、返す主義ですw よろしくお願いしますm(*_ _)m Twitter→@ponwest0423 ˙˚ʚ CLOSE ɞ˚˙
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る